新人ナースガイド

続けられるのか転職するのかを見極めよう

職場がつらい理由・・・

  • プリセプターの話し方がきつい
  • 先輩ナースのいじめ
  •  

仕事が嫌になった理由・・・

  • 迷惑をかけたり失敗ばっかりする
  •  

辞めたくなった理由・・・

  • 残業代がでない
  • 休みがない(課題、勉強会、提出物が多い)
  • パワハラ、モラハラがある
  •  
泣くかんごシカ

新人時代はわからないことだらけだから看護師さんじゃなくても大変な時期です。
が、体調を壊しそう・・・、精神的に限界だ・・・と考えている人は レベルを落とした職場を探してみる(環境を変える) のも一つの手段です。

大学病院や公立病院の超急性期に入職された方は研修体制は完璧かもしれないですが 提出物の量や勉強会で忙殺されている可能性も・・・
民間の急性期病院なら提出物や勉強会がすこし少な目なところもあります。
いまより少し落ち着いた病院を探すのもいいかもしれません。

倒れるかんごシカ

施設やクリニックへ・・・と考えている新人さんも多いかもしれませんが やはり基礎ができていないうちから研修体制があまり整っていないところへ行くのは危険かもしれません。
先輩ナースの人数が少ないということはそれだけ判断しなければいけない状況にあたる可能性が高いです。
どうしても老年看護を極めたいという明確な理由がないのであれば、いろいろな状況を適切に判断するためにも”研修体制が整っている病院”で新人時代は過ごした方がいいのかもしれません。

3年後、5年後にどんなナースになってみたいか想像してみよう

まったく思い描けない人は

  
  • 急性期にいってバリバリ働くナースになるのか
  • ゆっくり寄り添いの看護ができるナースになりたいのか
  •  

をまずは考えてみよう

倒れるかんごシカ

新人ナースにおすすめする職場の条件

 

■ 教育制度が整っているところ

  
  • 第二新卒として入職すると経験ありとして研修をきちんとしてもらえない職場がある
  • 第二新卒でも新卒と同じように研修を実施してくれる職場を探す
  • 看護学校を持っているような病院だと研修体制もしっかりしていることが多い
  •  
 

■ 同期が多い

  
  • 同期が多い、新卒の定着率が高い病院を探す
  • 全体の研修会を月1回やっているような職場だと尚可
  • 同期が多いと同じような悩みを共有できるので精神的に楽
  •  
 

こんな職場を探したい新人ナースさんは医療ワーカーにお気軽にご相談ください。