2007年(第96回) 看護師国家試験 午後

<長文問題> 次の文を読み〔問題31〕、〔問題32〕、〔問題33〕に答えよ。Aさん、70歳の女性。72歳の夫と2人暮らしである。脳梗塞の既往と神経痛のため上肢の動きに制限がある。伝い歩きが可能である。数日微熱が続き、肺炎と診断されたため入院したが抗菌薬の治療で軽快し退院した。食事は夫の介助で摂取し、時々むせがみられる。排泄も夫の介助でトイレで行っている。

問題31 : 訪問看護師の初回訪問時のアセスメントで最も優先されるのはどれか。

  • 1. 顔 色
  • 2. 見当識
  • 3. 呼吸音
  • 4. 排便回数

<長文問題> 次の文を読み〔問題31〕、〔問題32〕、〔問題33〕に答えよ。Aさん、70歳の女性。72歳の夫と2人暮らしである。脳梗塞の既往と神経痛のため上肢の動きに制限がある。伝い歩きが可能である。数日微熱が続き、肺炎と診断されたため入院したが抗菌薬の治療で軽快し退院した。食事は夫の介助で摂取し、時々むせがみられる。排泄も夫の介助でトイレで行っている。

問題32 : 夫はAさんの好きな食品を遠くまで行って買い求め、食事ごとに用意している。食事時は、Aさんが「起き上がるのが面倒くさい」と言うため、仰臥位のまま介助している。夫への食事介助の指導で最も適切なのはどれか。

  • 1. Aさんの好む姿勢にする。
  • 2. 食事時はAさんを坐位にする。
  • 3. 嚥下する時は下顎を挙上させる。
  • 4. 介助時はAさんの顔を横に向ける。

<長文問題> 次の文を読み〔問題31〕、〔問題32〕、〔問題33〕に答えよ。Aさん、70歳の女性。72歳の夫と2人暮らしである。脳梗塞の既往と神経痛のため上肢の動きに制限がある。伝い歩きが可能である。数日微熱が続き、肺炎と診断されたため入院したが抗菌薬の治療で軽快し退院した。食事は夫の介助で摂取し、時々むせがみられる。排泄も夫の介助でトイレで行っている。

問題33 : 夫は「妻には世話になったし恩返しのつもりです」と、家事と介護の手を休めない。近県に住む娘の手伝いや訪問看護師のヘルパー導入の提案をかたくなに断り続けている。話をしていても居眠りをすることがある。夫に最も気づきを促す必要があるのはどれか。

  • 1. 社会的孤立
  • 2. 介護量の不足
  • 3. 家族内の不和
  • 4. 夫自身の疲労

<長文問題> 次の文を読み〔問題34〕、〔問題35〕、〔問題36〕に答えよ。Aさん、55歳の女性。身長155cm、体重40kg。57歳の夫(会社員)と75歳の実母との3人暮らし。3年前に筋萎縮性側索硬化症と診断された。半年前より言語が不明瞭である。嚥下が徐々に困難になり半固形物を摂取、体重も減少している。寝返りはできない。尿意はあり、排泄は床上で便器を用いて行っている。日中の介護は実母、夜間は夫が行っている。

問題34 : Aさんは「最近話すのに時間がかかるようになり、実母は私の言うことをあまり聞いてくれない。私も話していると息が苦しくなる」と訪問看護師にとぎれとぎれに訴えた。Aさんと実母とのコミュニケーションを促すために最も適切なのはどれか。

  • 1. 実母の手話の習得
  • 2. 実母の補聴器の使用
  • 3. Aさんの拡声器の使用
  • 4. 単語カードの補助的活用

<長文問題> 次の文を読み〔問題34〕、〔問題35〕、〔問題36〕に答えよ。Aさん、55歳の女性。身長155cm、体重40kg。57歳の夫(会社員)と75歳の実母との3人暮らし。3年前に筋萎縮性側索硬化症と診断された。半年前より言語が不明瞭である。嚥下が徐々に困難になり半固形物を摂取、体重も減少している。寝返りはできない。尿意はあり、排泄は床上で便器を用いて行っている。日中の介護は実母、夜間は夫が行っている。

問題35 : 3か月後、Aさんは呼吸が苦しいと訴えるようになった。以前に医師から人工呼吸器使用についての説明を受けており、Aさんはその使用を希望している。Aさんの人工呼吸器適応が検討される理由はどれか。

  • 1. 肺換気量の低下
  • 2. 経口摂取量の低下
  • 3. 意識レベルの低下
  • 4. 日常生活動作(ADL)の低下

<長文問題> 次の文を読み〔問題34〕、〔問題35〕、〔問題36〕に答えよ。Aさん、55歳の女性。身長155cm、体重40kg。57歳の夫(会社員)と75歳の実母との3人暮らし。3年前に筋萎縮性側索硬化症と診断された。半年前より言語が不明瞭である。嚥下が徐々に困難になり半固形物を摂取、体重も減少している。寝返りはできない。尿意はあり、排泄は床上で便器を用いて行っている。日中の介護は実母、夜間は夫が行っている。

問題36 : 実母は「年寄りに世話されるAも大変だろうけど、介護している私も大変。以前のように、友人とおしゃべりできるとうれしいけど」と独り言のように話す。実母が必要としている社会資源はどれか。

  • 1. 介護機器
  • 2. 介護ヘルパー
  • 3. 配食サービス
  • 4. 緊急通報ブザー

<長文問題> 次の文を読み〔問題37〕、〔問題38〕、〔問題39〕に答えよ。Aさん、46歳の男性。脳腫瘍で放射線治療を受け退院した。医者から本人と妻に余命半年であることが告げられた。Aさんは自宅で静かに最期を迎えたいと希望している。軽度の右片麻痺があり、トイレ歩行時は妻が介助している。日中はソファーに腰掛けて過ごすことが多い。訪問診療と訪問看護を利用している。

問題37 : Aさんは最近「庭の植木を見ていると気持ちが落ち着く。無理してでも少し庭に出てみたいな」と繰り返し話す。妻は「転ぶと大変だから、なるべく家の中にいましょう」と、Aさんと訪問看護師に話す。訪問看護師の対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「庭に出るには主治医の許可が必要です」
  • 2. 「庭に出る時は訪問看護師が付き添います」
  • 3. 「転倒予防教室で訓練した後に考えましょう」
  • 4. 「体力を消耗しますから外に出ないほうがいいですね」

<長文問題> 次の文を読み〔問題37〕、〔問題38〕、〔問題39〕に答えよ。Aさん、46歳の男性。脳腫瘍で放射線治療を受け退院した。医者から本人と妻に余命半年であることが告げられた。Aさんは自宅で静かに最期を迎えたいと希望している。軽度の右片麻痺があり、トイレ歩行時は妻が介助している。日中はソファーに腰掛けて過ごすことが多い。訪問診療と訪問看護を利用している。

問題38 : Aさんは日中傾眠していることが多くなってきた。妻は「最期はどうなるのかしら。苦しむのでしょうか。今のうちにもう一度入院した方がいいんじゃないかしら」と訪問看護師に相談した。対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. Aさんに入院を勧める。
  • 2. 親類と話し合うことを勧める。
  • 3. 医師に最終決定してもらうことを提案する。
  • 4. Aさんの予測される状態と対処方法を説明する。

<長文問題> 次の文を読み〔問題37〕、〔問題38〕、〔問題39〕に答えよ。Aさん、46歳の男性。脳腫瘍で放射線治療を受け退院した。医者から本人と妻に余命半年であることが告げられた。Aさんは自宅で静かに最期を迎えたいと希望している。軽度の右片麻痺があり、トイレ歩行時は妻が介助している。日中はソファーに腰掛けて過ごすことが多い。訪問診療と訪問看護を利用している。

問題39 : Aさんの意識が低下し下顎呼吸が始まった。医師から死が近いことを知らされた妻は、訪問看護師に「夫はこのまま死んでしまうのですね。私はもっと何かできたのではないかしら」と訴え涙を流している。妻にかける言葉で適切なのはどれか。

  • 1. 「泣いたらAさんが心配しますよ」
  • 2. 「今のうちにAさんに謝りましょう」
  • 3. 「そんなことは考えないほうがいいですよ」
  • 4. 「そういう気持ちになるのもよくわかります」

<長文問題> 次の文を読み〔問題40〕、〔問題41〕、〔問題42〕に答えよ。40歳の男性。会社員。3年前の定期健康診査で徐脈を指摘されていた。3か月前から時折、めまいを感じることがあったが放置していた。本日、会社から帰宅途中に意識消失発作があり、アダムス・ストークス症候群の疑いで入院した。脈拍数32/分、血圧120/80mmHg。意識は清明。めまいを訴えている。

問題40 : 診断のために行われる検査で適切なのはどれか。

  • 1. 12誘導心電図検査
  • 2. 磁気共鳴画像検査
  • 3. 心臓カテーテル検査
  • 4. 胸部エックス線撮影

<長文問題> 次の文を読み〔問題40〕、〔問題41〕、〔問題42〕に答えよ。40歳の男性。会社員。3年前の定期健康診査で徐脈を指摘されていた。3か月前から時折、めまいを感じることがあったが放置していた。本日、会社から帰宅途中に意識消失発作があり、アダムス・ストークス症候群の疑いで入院した。脈拍数32/分、血圧120/80mmHg。意識は清明。めまいを訴えている。

問題41 : 入院時、イソプロテレノール(β刺激薬)が投与された。患者に説明する内容で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「熱が上がることがあります」
  • 2. 「ドキドキするようなら教えてください」
  • 3. 「排尿しづらくなったら教えてください」
  • 4. 「物が二重に見えるので気をつけてください」

<長文問題> 次の文を読み〔問題40〕、〔問題41〕、〔問題42〕に答えよ。40歳の男性。会社員。3年前の定期健康診査で徐脈を指摘されていた。3か月前から時折、めまいを感じることがあったが放置していた。本日、会社から帰宅途中に意識消失発作があり、アダムス・ストークス症候群の疑いで入院した。脈拍数32/分、血圧120/80mmHg。意識は清明。めまいを訴えている。

問題42 : その後、ペースメーカー植え込み術が行われた。退院後は職場復帰を希望している。生活指導で適切なのはどれか。

  • 1. 「車の運転は控えましょう」
  • 2. 「毎日脈拍を測定しましょう」
  • 3. 「電池交換の必要はありません」
  • 4. 「入浴時は植え込み部位がつからないようにしてください」

<長文問題> 次の文を読み〔問題43〕、〔問題44〕、〔問題45〕に答えよ。58歳の男性。2年前に2型糖尿病と診断されたが、週末にスポーツジムに通う以外は生活習慣を変えていなかった。数日前より歯肉の腫れのため疼痛があった。飲酒した翌朝、妻が声をかけても反応しないため、救急車で搬送された。体温37.8度。呼吸数20/分、脈拍数88/分。血圧138/84mmHg。対光反射(+)、瞳孔不同(-)、意識レベルはⅢ-100。白血球10000/μl。血糖986mg/dl、アンモニア56μg/dl。CRP13.2mg/dl。動脈血pH7.38。血漿浸透圧378mOsm/l。尿ケトン体(±)。

問題43 : 最も考えられるのはどれか。

  • 1. 肝性昏睡
  • 2. 敗血症性ショック
  • 3. ケトアシドーシス
  • 4. 高浸透圧性非ケトン性昏睡

<長文問題> 次の文を読み〔問題43〕、〔問題44〕、〔問題45〕に答えよ。58歳の男性。2年前に2型糖尿病と診断されたが、週末にスポーツジムに通う以外は生活習慣を変えていなかった。数日前より歯肉の腫れのため疼痛があった。飲酒した翌朝、妻が声をかけても反応しないため、救急車で搬送された。体温37.8度。呼吸数20/分、脈拍数88/分。血圧138/84mmHg。対光反射(+)、瞳孔不同(-)、意識レベルはⅢ-100。白血球10000/μl。血糖986mg/dl、アンモニア56μg/dl。CRP13.2mg/dl。動脈血pH7.38。血漿浸透圧378mOsm/l。尿ケトン体(±)。

問題44 : ICUに入室4日後に意識が回復し、歩行も可能となり、一般病室に移った。1日1回(朝食前)使用のインスリン療法が導入され、退院に向けてインスリン自己皮下注射、自己血糖測定、食事療法および運動療法(30分歩行)が指示された。運動療法の指導で適切なのはどれか。

  • 1. 「歩行運動は食後に行うのが効果的です」
  • 2. 「脈拍数が150/分を超えるように運動してください」
  • 3. 「朝の血糖値が300mg/dl以上の時は運動量を増やしましょう」
  • 4. 「毎日行えない場合は週末にスポーツジムでまとめて行ってください」

<長文問題> 次の文を読み〔問題43〕、〔問題44〕、〔問題45〕に答えよ。58歳の男性。2年前に2型糖尿病と診断されたが、週末にスポーツジムに通う以外は生活習慣を変えていなかった。数日前より歯肉の腫れのため疼痛があった。飲酒した翌朝、妻が声をかけても反応しないため、救急車で搬送された。体温37.8度。呼吸数20/分、脈拍数88/分。血圧138/84mmHg。対光反射(+)、瞳孔不同(-)、意識レベルはⅢ-100。白血球10000/μl。血糖986mg/dl、アンモニア56μg/dl。CRP13.2mg/dl。動脈血pH7.38。血漿浸透圧378mOsm/l。尿ケトン体(±)。

問題45 : 退院後の外来受診時に「この頃風邪をひきやすい。風邪の時にはどうしたらよいのでしょうか」と看護師に相談があった。対応で適切なのはどれか。

  • 1. 「体重が減らなければ心配ないです」
  • 2. 「インスリン注射を中止してください」
  • 3. 「カロリーの高いものを積極的に食べましょう」
  • 4. 「自己血糖測定の回数を増やして低血糖に注意してください」