2008年(第97回) 看護師国家試験 午前

問題121 : 小児の睡眠で正しいのはどれか。

  • 1. 新生児のレム睡眠は全睡眠の25%を占める。
  • 2. 乳児の睡眠は多相性である。
  • 3. 成長に伴いノンレム睡眠が減少する。
  • 4. 3歳ころには成人と同じ睡眠型になる。

問題122 : 身長100cm、体重28kgの幼児。身体発育の評価はどれか。

  • 1. 肥 満
  • 2. 肥満傾向
  • 3. 標 準
  • 4. やせすぎ

問題123 : 幼児期後期における病気の理解や受容で最も特徴的なのはどれか。

  • 1. 他者の視点から物事をとらえる。
  • 2. 感覚運動機能を介して病気をとらえる。
  • 3. 病気を自分の行為の罰であるととらえる。
  • 4. 病気と治療との関連性や意義を了解できる。

問題124 : 痛みのある幼児への援助で適切でないのはどれか。

  • 1. 罨 法
  • 2. 自律訓練
  • 3. スキンシップ
  • 4. 絵本の読み聞かせ

問題125 : 初めて採血を体験する4歳児。看護師が児に検査の説明をする効果で最も期待できるのはどれか。

  • 1. 主体的に検査に臨める。
  • 2. 1回で採血が終了する。
  • 3. 泣かないで検査を受ける。
  • 4. 医療者を嫌いにならない。

問題126 : 小児慢性特定疾患治療研究事業で正しいのはどれか。

  • 1. 他の公的扶助は受けられない。
  • 2. 入院通院とも公費で負担される。
  • 3. 保護者家族から一律の費用が徴収される。
  • 4. 継続申請は18歳未満が公費負担の対象である。

問題127 : 病院で患児の死を看取る10歳の姉への対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 母親の支えになるよう伝える。
  • 2. 患児に会わせないよう配慮する。
  • 3. 姉が気持ちを表現することを助ける。
  • 4. 両親に姉の前で動揺しないよう伝える。

問題128 : 出生時体重3050gの正期産児。新生児期に最もチアノーゼを生じやすい先天性心疾患はどれか。

  • 1. 卵円孔開存症
  • 2. 心房中隔欠損症
  • 3. 心室中隔欠損症
  • 4. ファロー四徴症

問題129 : 平成16年(2004年)に策定された「子ども子育て応援プラン」の重点課題はどれか。

  • 1. 仕事と家庭の両立支援と働き方の見直し
  • 2. 妊娠出産に関する安全性と快適さの確保
  • 3. 思春期の保健対策の強化と健康教育の推進
  • 4. 小児医療水準を維持向上させるための環境整備

問題130 : 産前産後の休業を保障しているのはどれか。

  • 1. 労働基準法
  • 2. 母子保健法
  • 3. 母体保護法
  • 4. 男女共同参画社会基本法

問題131 : 女性の第二次性徴に最も関与するホルモンはどれか。

  • 1. オキシトシン
  • 2. エストロゲン
  • 3. アンドロゲン
  • 4. 成長ホルモン

問題132 : 妊娠中の内分泌系の変化で妊娠初期に急増し、以降漸減するのはどれか。

  • 1. プロゲステロン
  • 2. エストリオール(E3)
  • 3. hPL(ヒト胎盤性ラクトーゲン)
  • 4. hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)

問題133 : レオポルド触診法で第1頭位である。第1段法で触診できる胎児部位はどれか。

  • 1. 殿 部
  • 2. 頭 部
  • 3. 児 背
  • 4. 四 肢

問題134 : 妊娠32週の妊婦。「最近便秘がひどくなってきました」と言う。保健指導で適切なのはどれか。

  • 1. 腹部温罨法を勧める。
  • 2. 腹部のマッサージを勧める。
  • 3. 食物繊維の多い食品の摂取を勧める。
  • 4. 脂肪を多く含む食品の摂取を勧める。

問題135 : 25歳の初産婦。分娩第1期、未破水。子宮口4cm開大。陣痛の発作30秒、間欠5分で産痛を訴えている。この産婦への援助で最も適切なのはどれか。

  • 1. 飲食を控える。
  • 2. 努責を勧める。
  • 3. 分娩室に移送する。
  • 4. シャワー浴を勧める。