2008年(第97回) 看護師国家試験 午後

<長文問題> 次の文を読み〔問題61〕、〔問題62〕、〔問題63〕に答えよ。Aさん、68歳の女性。71歳の夫と長男夫婦、95歳の寝たきりの義母の5人暮らし。3か月前に脳出血を発症し、入院治療を経て自宅に退院した。嚥下障害のため胃瘻を造設し、頻回に口腔内吸引が必要である。排泄はおむつを使用している。Aさんの介護認定は申請中で、介護は主に夫が行う予定である。要介護5の義母の介護は長男の妻が行い、週1回の訪問看護と入浴サービスを利用している。

問題61 : 義母への訪問の際、夫から「介護する家族が増えてしまったのでどうしたらよいのだろうか」と看護師に相談があった。家族の介護力を評価するための情報で最も重要なのはどれか。

  • 1. 夫婦の関係性
  • 2. 義母の健康状態
  • 3. 長男の介護意欲
  • 4. 夫と長男の妻の健康状態

<長文問題> 次の文を読み〔問題61〕、〔問題62〕、〔問題63〕に答えよ。Aさん、68歳の女性。71歳の夫と長男夫婦、95歳の寝たきりの義母の5人暮らし。3か月前に脳出血を発症し、入院治療を経て自宅に退院した。嚥下障害のため胃瘻を造設し、頻回に口腔内吸引が必要である。排泄はおむつを使用している。Aさんの介護認定は申請中で、介護は主に夫が行う予定である。要介護5の義母の介護は長男の妻が行い、週1回の訪問看護と入浴サービスを利用している。

問題62 : 几帳面な夫は介護状況を細かく記録し、疑問点を長男の妻に繰り返し尋ねている。看護師が訪問すると長男の妻は「お義父さんが張り切りすぎて心配」と話し、夫は「嫁は大雑把な性格で取り合ってくれない」と言う。夫に対する対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「息子さんに注意してもらいましょう」
  • 2. 「介護を頑張りすぎていないか心配です」
  • 3. 「お嫁さんは忙しいのでいろいろ聞くのはやめましょう」
  • 4. 「介護記録は大変でしょうから書かなくてよいですよ」

<長文問題> 次の文を読み〔問題61〕、〔問題62〕、〔問題63〕に答えよ。Aさん、68歳の女性。71歳の夫と長男夫婦、95歳の寝たきりの義母の5人暮らし。3か月前に脳出血を発症し、入院治療を経て自宅に退院した。嚥下障害のため胃瘻を造設し、頻回に口腔内吸引が必要である。排泄はおむつを使用している。Aさんの介護認定は申請中で、介護は主に夫が行う予定である。要介護5の義母の介護は長男の妻が行い、週1回の訪問看護と入浴サービスを利用している。

問題63 : その後、夫は介護に慣れてきたが、疲労を感じ始めている。長男の妻も家事と義母の介護で疲労が目立つようになった。訪問看護師は夫から「妻の介護で自分も疲れてきたが、嫁も体調が良くないようで心配だ。うちは二人も介護しているので大変だ。他に利用できるサービスはないか」と相談を受けた。利用を勧めるサービスで優先度が高いのはどれか。

  • 1. 住宅改修
  • 2. 配食サービス
  • 3. 義母のショートステイ利用
  • 4. Aさんへの電動車椅子の貸与

<長文問題> 次の文を読み〔問題64〕、〔問題65〕、〔問題66〕に答えよ。1歳の男児。4日前から鼻汁、咳および発熱が続いている。本日、コプリック斑が認められ発疹も出現したため麻疹と診断された。児は細気管支炎を併発しており、付き添い入院した。1歳6か月のいとこが近所に住んでおり1週前に児と遊んだが、現在は無症状である。

問題64 : 入院時、母親への説明で適切なのはどれか。

  • 1. 面会は解熱するまで制限する。
  • 2. 発疹が消失するまで清拭は控える。
  • 3. 含嗽して口腔粘膜を保清する。
  • 4. 個室に入室する。

<長文問題> 次の文を読み〔問題64〕、〔問題65〕、〔問題66〕に答えよ。1歳の男児。4日前から鼻汁、咳および発熱が続いている。本日、コプリック斑が認められ発疹も出現したため麻疹と診断された。児は細気管支炎を併発しており、付き添い入院した。1歳6か月のいとこが近所に住んでおり1週前に児と遊んだが、現在は無症状である。

問題65 : 児の母親は「私が早く病院に連れてこなかったから、子どもの病気を悪くしてしまったんです」と泣きながら看護師に話した。対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「自宅で体を休めてください」
  • 2. 「お父さんと話してください」
  • 3. 「どうして受診が遅れたのですか」
  • 4. 「お母さんのせいではありませんよ」

<長文問題> 次の文を読み〔問題64〕、〔問題65〕、〔問題66〕に答えよ。1歳の男児。4日前から鼻汁、咳および発熱が続いている。本日、コプリック斑が認められ発疹も出現したため麻疹と診断された。児は細気管支炎を併発しており、付き添い入院した。1歳6か月のいとこが近所に住んでおり1週前に児と遊んだが、現在は無症状である。

問題66 : 「うちの子と遊んだいとこは、麻疹の予防接種をしていないのですが、大丈夫でしょうか」と児の母親から相談を受けた。いとこの状況についてのアセスメントで最も適切なのはどれか。

  • 1. 潜伏期にあたるので経過観察が必要である。
  • 2. 直ちに麻疹ワクチンの接種が必要である。
  • 3. ガンマグロブリンの筋肉注射が必要である。
  • 4. 現在発症していないので感染していないと考えられる。

<長文問題> 次の文を読み〔問題67〕、〔問題68〕、〔問題69〕に答えよ。2か月の男児。2週前から嘔吐があり頻回になった。昨日、噴水様嘔吐が5回あったため外来を受診し、緊急入院した。体重4200g。体温35.5度。眼球結膜に黄染は認めない。上腹部に腫瘤を触知する。血液検査の結果、赤血球540万/μl、白血球10100/μl、血小板58.6万/μl。Ht45.0%、アルブミン4.4g/dl、Na140mEq/l、K3.5mEq/l、Cl 92mEq/l、動脈血pH7.48であった。

問題67 : 入院時の観察で最も注意する症状はどれか。

  • 1. 大泉門の陥没
  • 2. 眼瞼結膜の蒼白
  • 3. 哺乳力の低下
  • 4. 胃蠕動の低下

<長文問題> 次の文を読み〔問題67〕、〔問題68〕、〔問題69〕に答えよ。2か月の男児。2週前から嘔吐があり頻回になった。昨日、噴水様嘔吐が5回あったため外来を受診し、緊急入院した。体重4200g。体温35.5度。眼球結膜に黄染は認めない。上腹部に腫瘤を触知する。血液検査の結果、赤血球540万/μl、白血球10100/μl、血小板58.6万/μl。Ht45.0%、アルブミン4.4g/dl、Na140mEq/l、K3.5mEq/l、Cl 92mEq/l、動脈血pH7.48であった。

問題68 : 超音波検査および上部消化管造影検査の結果、幽門狭窄が確認された。腹腔鏡下で粘膜外幽門筋切開術を行うことになり胃管が挿入された。胃管は胃内に確実に挿入されているが胃部膨満が軽減しなかった。対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 腹部温罨法
  • 2. 腹部マッサージ
  • 3. 胃内容物の吸引
  • 4. 胃内の気泡音の確認

<長文問題> 次の文を読み〔問題67〕、〔問題68〕、〔問題69〕に答えよ。2か月の男児。2週前から嘔吐があり頻回になった。昨日、噴水様嘔吐が5回あったため外来を受診し、緊急入院した。体重4200g。体温35.5度。眼球結膜に黄染は認めない。上腹部に腫瘤を触知する。血液検査の結果、赤血球540万/μl、白血球10100/μl、血小板58.6万/μl。Ht45.0%、アルブミン4.4g/dl、Na140mEq/l、K3.5mEq/l、Cl 92mEq/l、動脈血pH7.48であった。

問題69 : 手術後1日から授乳が開始され、経過が順調で手術後3日に退院予定となった。授乳後に嘔吐があったため母親は不安を訴えた。退院時の説明で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「授乳中も排気させてください」
  • 2. 「授乳の回数を少なくしてください」
  • 3. 「粉ミルクを薄めて飲ませてください」
  • 4. 「授乳後はあおむけで寝かせてください」

<長文問題> 次の文を読み〔問題70〕、〔問題71〕、〔問題72〕に答えよ。11歳の女児。2週前から夜尿が出現していた。本日登校中に倒れ搬送された。特記すべき既往歴はない。体温37.8度。脈拍数100/分、呼吸数32/分。採血の結果、血糖値600mg/dl、代謝性アシドーシスが認められ、1型糖尿病の疑いで入院した。

問題70 : 患児に出現する可能性が低いのはどれか。

  • 1. 倦怠感
  • 2. 浮 腫
  • 3. 多 飲
  • 4. 多 尿

<長文問題> 次の文を読み〔問題70〕、〔問題71〕、〔問題72〕に答えよ。11歳の女児。2週前から夜尿が出現していた。本日登校中に倒れ搬送された。特記すべき既往歴はない。体温37.8度。脈拍数100/分、呼吸数32/分。採血の結果、血糖値600mg/dl、代謝性アシドーシスが認められ、1型糖尿病の疑いで入院した。

問題71 : Ⅰ型糖尿病と診断され、主治医がインスリン自己注射の必要性を児と母親に説明した。患児は「自分で注射するなんてできない」と泣き出した。対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 手をとって注射を促す。
  • 2. できるようになるまで退院できないと話す。
  • 3. 入院中は親に注射をしてもらうことを提案する。
  • 4. 自己注射をしている同年代の糖尿病患児と話す機会を作る。

<長文問題> 次の文を読み〔問題70〕、〔問題71〕、〔問題72〕に答えよ。11歳の女児。2週前から夜尿が出現していた。本日登校中に倒れ搬送された。特記すべき既往歴はない。体温37.8度。脈拍数100/分、呼吸数32/分。採血の結果、血糖値600mg/dl、代謝性アシドーシスが認められ、1型糖尿病の疑いで入院した。

問題72 : 退院に向けて、医師、看護師、養護教諭と家族が話し合い、糖尿病外来での担当看護師を決めた。3週後、血糖値の自己測定とインスリンの自己注射ができるようになり退院した。学校に通い始めたが「4時間目の体育の前に血糖値を自己測定したところ、72mg/dlだった。体育の授業はどうしたらよいか」と養護教諭から担当看護師に電話で相談があった。助言で最も適切なのはどれか。

  • 1. そのまま参加する。
  • 2. 見学する。
  • 3. 1単位補食後に参加する。
  • 4. 早退し受診する。

<長文問題> 次の文を読み〔問題73〕、〔問題74〕、〔問題75〕に答えよ。36歳の初産婦。専業主婦。妊娠30週2日。身長160cm、非妊時体重55kg。健康診査時、体重60kg。子宮底長26cm、腹囲80cm。血圧120/76mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。浮腫(-)。Hb10.5g/dl、Ht30.0%。胎児心拍数150bpmであった。

問題73 : 健康状態のアセスメントで適切なのはどれか。

  • 1. 貧血がみられる。
  • 2. 胎児心拍が頻脈である。
  • 3. 体重増加が過剰である。
  • 4. 子宮底長が週数に比べて小さい。

<長文問題> 次の文を読み〔問題73〕、〔問題74〕、〔問題75〕に答えよ。36歳の初産婦。専業主婦。妊娠30週2日。身長160cm、非妊時体重55kg。健康診査時、体重60kg。子宮底長26cm、腹囲80cm。血圧120/76mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。浮腫(-)。Hb10.5g/dl、Ht30.0%。胎児心拍数150bpmであった。

問題74 : 健康診査後「週末にひとりで友人の家に遊びに行き、一泊する予定です。新幹線で2時間位かかるので指定席を取るつもりです」と言う。保健指導で適切なのはどれか。

  • 1. 「取りやめた方がいいでしょう」
  • 2. 「重い荷物は背負って移動すると楽でしょう」
  • 3. 「ゆとりのあるスケジュールを計画しましょう」
  • 4. 「新幹線より高速バスを利用した方がいいでしょう」

<長文問題> 次の文を読み〔問題73〕、〔問題74〕、〔問題75〕に答えよ。36歳の初産婦。専業主婦。妊娠30週2日。身長160cm、非妊時体重55kg。健康診査時、体重60kg。子宮底長26cm、腹囲80cm。血圧120/76mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。浮腫(-)。Hb10.5g/dl、Ht30.0%。胎児心拍数150bpmであった。

問題75 : 妊娠34週2日。健康診査の結果は体重62kg。子宮底長30cm、腹囲84cm。血圧114/82mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。浮腫(-)。「食後、胸がムカムカすることがあります。以前より食欲が落ちた気もします」と言う。保健指導で適切なのはどれか。

  • 1. 食後は左側臥位で休息する。
  • 2. 香辛料をきかせた料理を摂取する。
  • 3. 食べたい物を食べたい時に摂取する。
  • 4. 一回の食事量を減らし食事回数を増やす。