2008年(第97回) 看護師国家試験 午後

<長文問題> 次の文を読み〔問題76〕、〔問題77〕、〔問題78〕に答えよ。妊娠39週。体重3100gで正常に出生した生後12時間の新生児。体温36.8度。心拍数144/分、呼吸数62/分。呼吸はやや不規則、肺雑音(-)。顔面に点状出血が少量みられる。おむつにはレンガ色のしみがみられる。

問題76 : 児のアセスメントで最も注目すべき情報はどれか。

  • 1. 顔面の点状出血
  • 2. 呼吸数
  • 3. 呼吸の不規則性
  • 4. おむつのレンガ色のしみ

<長文問題> 次の文を読み〔問題76〕、〔問題77〕、〔問題78〕に答えよ。妊娠39週。体重3100gで正常に出生した生後12時間の新生児。体温36.8度。心拍数144/分、呼吸数62/分。呼吸はやや不規則、肺雑音(-)。顔面に点状出血が少量みられる。おむつにはレンガ色のしみがみられる。

問題77 : 日齢2日。体重2950g。体温37.0度。心拍数132/分、呼吸数50/分。血清ビリルビン値7mg/dl。排尿6回/日、排便2回/日。児の啼泣に合わせて母乳を与えている。母親から「昼も夜も2時間おきに泣くのでそのたび授乳していますが、これで良いのでしょうか」と相談を受けた。対応で適切なのはどれか。

  • 1. 「夜間は粉ミルクを足しましょう」
  • 2. 「今のような授乳の仕方で良いですよ」
  • 3. 「糖水を足して授乳回数を減らすと良いでしょう」
  • 4. 「泣いたら授乳するのではなく3時間ごとにしましょう」

<長文問題> 次の文を読み〔問題76〕、〔問題77〕、〔問題78〕に答えよ。妊娠39週。体重3100gで正常に出生した生後12時間の新生児。体温36.8度。心拍数144/分、呼吸数62/分。呼吸はやや不規則、肺雑音(-)。顔面に点状出血が少量みられる。おむつにはレンガ色のしみがみられる。

問題78 : 日齢4日。体重2950g。体温37.2度。心拍数136/分、呼吸数45/分。頭部から体幹にかけて皮膚の黄染がみられ、血清ビリルビン値10mg/dl。排尿8回/日、排便4回/日。大泉門は平坦である。臍輪部に発赤はないがやや湿潤している。児のアセスメントで適切なのはどれか。

  • 1. 正常経過である。
  • 2. 体重増加不良である。
  • 3. 臍部に感染兆候がみられる。
  • 4. 病的黄疸の兆候がみられる。

<長文問題> 次の文を読み〔問題79〕、〔問題80〕、〔問題81〕に答えよ。30歳の経産婦。妊娠41週5日。規則的な陣痛が発来し午前10時に入院した。入院時診察で、子宮底長32cm、腹囲88cm。血圧112/70mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。分娩監視装置を装着した結果、4~5分間欠の陣痛がみられ、胎児心拍基線は140bpmであった。午後1時、淡緑色の羊水の流出がみられた。

問題79 : この時に確認することで優先度が高いのはどれか。

  • 1. 排尿時間
  • 2. 胎児心拍数
  • 3. 羊水の流出量
  • 4. 陣痛発作時間

<長文問題> 次の文を読み〔問題79〕、〔問題80〕、〔問題81〕に答えよ。30歳の経産婦。妊娠41週5日。規則的な陣痛が発来し午前10時に入院した。入院時診察で、子宮底長32cm、腹囲88cm。血圧112/70mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。分娩監視装置を装着した結果、4~5分間欠の陣痛がみられ、胎児心拍基線は140bpmであった。午後1時、淡緑色の羊水の流出がみられた。

問題80 : 午後2時、体重3050gの児を分娩した。1分後のアプガースコアは6点で口鼻腔吸引が行われた。5分後のアプガースコアは9点であった。児に最も起こり得るのはどれか。

  • 1. 上気道閉塞
  • 2. 低酸素性虚血性脳症
  • 3. 胎便吸引症候群(MAS)
  • 4. 呼吸窮迫症候群(RDS)

<長文問題> 次の文を読み〔問題79〕、〔問題80〕、〔問題81〕に答えよ。30歳の経産婦。妊娠41週5日。規則的な陣痛が発来し午前10時に入院した。入院時診察で、子宮底長32cm、腹囲88cm。血圧112/70mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。分娩監視装置を装着した結果、4~5分間欠の陣痛がみられ、胎児心拍基線は140bpmであった。午後1時、淡緑色の羊水の流出がみられた。

問題81 : 生後2時間。腋窩温36.2度。心拍数125/分、呼吸数56/分。陥没呼吸(-)、呻吟(-)。四肢末端にチアノーゼが軽度みられる。児に優先して行うケアはどれか。

  • 1. 沐 浴
  • 2. 保 温
  • 3. 授 乳
  • 4. 酸素投与

<長文問題> 次の文を読み〔問題82〕、〔問題83〕、〔問題84〕に答えよ。58歳の男性。統合失調症。17年前に入院し、現在は開放病棟に入院している。常に幻聴があるが、日常生活に支障はない。病棟では作業療法に参加している以外に活動はせず、決まった患者と決まった場所に座って過ごしている。退院後1人暮らしをする予定の自宅へ週1回の定期的な外泊を繰り返している。

問題82 : 患者は外泊を定期的に行っているが、今後の治療や新たな活動について話そうとすると「今テレビで私のことを放送しているから待って」と避ける様子がみられる。患者への対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 作業所の見学を計画する。
  • 2. 外泊中の生活について尋ねる。
  • 3. 幻聴があるので話しかけない。
  • 4. 1日の活動の時間割を看護師が作成する。

<長文問題> 次の文を読み〔問題82〕、〔問題83〕、〔問題84〕に答えよ。58歳の男性。統合失調症。17年前に入院し、現在は開放病棟に入院している。常に幻聴があるが、日常生活に支障はない。病棟では作業療法に参加している以外に活動はせず、決まった患者と決まった場所に座って過ごしている。退院後1人暮らしをする予定の自宅へ週1回の定期的な外泊を繰り返している。

問題83 : 現在の患者は身長169cm、体重63kg。この2か月間で体重が5kg増加した。患者に体重が増えたことを注意しても「別にそんなことはないよ。大丈夫だよ。食べてないよ」と逃げてしまう。患者の発言の解釈で適切なのはどれか。

  • 1. 否 認
  • 2. 投 影
  • 3. 同一化
  • 4. 昇 華

<長文問題> 次の文を読み〔問題82〕、〔問題83〕、〔問題84〕に答えよ。58歳の男性。統合失調症。17年前に入院し、現在は開放病棟に入院している。常に幻聴があるが、日常生活に支障はない。病棟では作業療法に参加している以外に活動はせず、決まった患者と決まった場所に座って過ごしている。退院後1人暮らしをする予定の自宅へ週1回の定期的な外泊を繰り返している。

問題84 : 血液検査の結果、空腹時血糖120mg/dl、総コレステロール180mg/dl、トリグリセライド230mg/dlであった。患者は1か月前から非定型抗精神病薬の服用を開始している。今後最も注意すべき観察項目はどれか。

  • 1. 睡 眠
  • 2. 運 動
  • 3. 血糖値
  • 4. 血中コレステロール値

<長文問題> 次の文を読み〔問題85〕、〔問題86〕、〔問題87〕に答えよ。35歳の男性。浪費と近所の人に対する暴力のため入院した。20歳代から精神科外来に通院し、気分安定(感情調整)薬が処方されているが、服薬を中断して入退院を繰り返している。入院には同意しているが、看護師に対して大声を出して威嚇し、足で蹴ろうとする。食事と水分は、この5日間ほとんど摂っていない。

問題85 : この時点の患者のアセスメントで正しいのはどれか。

  • 1. 躁状態
  • 2. 緘黙状態
  • 3. せん妄状態
  • 4. 幻覚妄想状態

<長文問題> 次の文を読み〔問題85〕、〔問題86〕、〔問題87〕に答えよ。35歳の男性。浪費と近所の人に対する暴力のため入院した。20歳代から精神科外来に通院し、気分安定(感情調整)薬が処方されているが、服薬を中断して入退院を繰り返している。入院には同意しているが、看護師に対して大声を出して威嚇し、足で蹴ろうとする。食事と水分は、この5日間ほとんど摂っていない。

問題86 : 患者は服薬を勧める看護師に「おまえは俺を廃人にしようとしている。俺をだまそうとしてもそうはいかない」と激しく攻撃したため、患者に必要性を説明した上で抗精神病薬を点滴静脈内注射し、休息を確保することになった。最も優先される観察項目はどれか。

  • 1. 排 泄
  • 2. 体 重
  • 3. 発 熱
  • 4. 嘔 気

<長文問題> 次の文を読み〔問題85〕、〔問題86〕、〔問題87〕に答えよ。35歳の男性。浪費と近所の人に対する暴力のため入院した。20歳代から精神科外来に通院し、気分安定(感情調整)薬が処方されているが、服薬を中断して入退院を繰り返している。入院には同意しているが、看護師に対して大声を出して威嚇し、足で蹴ろうとする。食事と水分は、この5日間ほとんど摂っていない。

問題87 : 入院後5週が経過し、患者は規則的に気分安定(感情調整)薬の内服を行うようになり、穏やかにスタッフや患者と会話ができるようになった。現在、朝と就寝前の2回、合計4種類の錠剤を自己管理で内服している。ある朝、担当看護師に「薬を飲むと口がピリピリする」と相談があった。この時の対応で適切なのはどれか。

  • 1. 「薬をやめてみますか」
  • 2. 「主治医に言ってください」
  • 3. 「気にしない方がよいですよ」
  • 4. 「どの薬を飲むとそうなりますか」

<長文問題> 次の文を読み〔問題88〕、〔問題89〕、〔問題90〕に答えよ。52歳の男性。会社員。9年前にアルコール依存症のために入院し、3か月のアルコール依存症リハビリテーションプログラムを受け退院した。退院後は自助グループに参加しながら順調に断酒を続けていたが、最近の半年間は参加していなかった。5日前から連続飲酒を始め、やめることができずに家族に付き添われて精神科病院を受診した。患者は、医師の説得に応じて2度目の入院をした。

問題88 : 入院形態はどれか。

  • 1. 措置入院
  • 2. 応急入院
  • 3. 医療保護入院
  • 4. 任意入院

<長文問題> 次の文を読み〔問題88〕、〔問題89〕、〔問題90〕に答えよ。52歳の男性。会社員。9年前にアルコール依存症のために入院し、3か月のアルコール依存症リハビリテーションプログラムを受け退院した。退院後は自助グループに参加しながら順調に断酒を続けていたが、最近の半年間は参加していなかった。5日前から連続飲酒を始め、やめることができずに家族に付き添われて精神科病院を受診した。患者は、医師の説得に応じて2度目の入院をした。

問題89 : 入院直後から粗大な全身の震え、不眠、多量発汗がみられた。眼振はなかった。前回の入院時には、入院3日に「壁中に虫がはい回っている」と訴え落ち着かない状況があった。今後の状態で最も予測されるのはどれか。

  • 1. 肝性脳症
  • 2. 振戦せん妄
  • 3. ウェルニッケ脳症
  • 4. アルコール性認知(痴呆)症

<長文問題> 次の文を読み〔問題88〕、〔問題89〕、〔問題90〕に答えよ。52歳の男性。会社員。9年前にアルコール依存症のために入院し、3か月のアルコール依存症リハビリテーションプログラムを受け退院した。退院後は自助グループに参加しながら順調に断酒を続けていたが、最近の半年間は参加していなかった。5日前から連続飲酒を始め、やめることができずに家族に付き添われて精神科病院を受診した。患者は、医師の説得に応じて2度目の入院をした。

問題90 : 入院10日、患者は自信なさそうに「9年間もやめられたのに、どうしたんだろう。これからどうやってお酒をやめていけばいいのだろう」と看護師に相談した。この時の対応で適切なのはどれか。

  • 1. 「なぜ飲酒したのですか」
  • 2. 「強い断酒の意志を持つとうまくいきます」
  • 3. 「もう一度自助グループに参加しましょう」
  • 4. 「退院後すぐ会社復帰すればやめられます」