2010年(第99回) 看護師国家試験 午前

問題76 : 指定訪問看護ステーションで正しいのはどれか。

  • 1. 利用者は高齢者に限定される
  • 2. 常勤換算で2.5名以上の看護職員が必要である
  • 3. 訪問サービスの提供は看護職でなければならない
  • 4. 勤務する看護師は臨床経験5年以上と定められている
  • 5. 訪問看護ステーションは24時間体制を義務付けられている

問題77 : 肺活量の低下は著しくないが、1秒率が低下するのはどれか。

  • 1. 肺塞栓症
  • 2. 肺線維症
  • 3. 気管支喘息
  • 4. 重症筋無力症
  • 5. 過換気症候群

問題78 : 26歳の男性。オートバイの転倒事故で第6頸椎レベルの頸髄損傷と診断された。入院時の患者の状況で正しいのはどれか。

  • 1. 外出血がなければショックにはならない
  • 2. 首から下の痛覚は消失している
  • 3. 麻痺の範囲は今後拡大する
  • 4. 経口挿管を必要とする
  • 5. 排尿障害が起こる

問題79 : 先天異常と症状の組合せで正しいのはどれか。

  • 1. 18トリソミー ―――― 巨舌
  • 2. クラインフェルター症候群 ―― 多毛
  • 3. ターナー症候群 ―――― 高身長
  • 4. マルファン症候群 ―――― 低身長
  • 5. ダウン症候群 ―――― 筋緊張低下

問題80 : オランザピン(非定型抗精神病薬)内服中の患者で最も注意しなければならないのはどれか。

  • 1. 高血圧
  • 2. 高血糖
  • 3. 高尿酸血症
  • 4. 高アンモニア血症
  • 5. 高ナトリウム血症

問題81 : 貪食を行う細胞はどれか。2つ選べ。

  • 1. 単球
  • 2. 赤血球
  • 3. 好中球
  • 4. Tリンパ球
  • 5. Bリンパ球

問題82 : 副交感神経の作用はどれか。2つ選べ。

  • 1. 発汗
  • 2. 縮瞳
  • 3. 尿量減少
  • 4. 心拍数減少
  • 5. 消化管運動抑制

問題83 : 認知症が進行中の76歳の男性。預金通帳の管理は唯一の肉親である甥が行っているが、勝手に預金を使っている様子である。ケアカンファレンスへの提案として適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 成年後見制度の利用
  • 2. ホームヘルパーによる通帳管理
  • 3. 訪問看護ステーションでの通帳管理
  • 4. 訪問看護師による甥の貯金使用状況の監視
  • 5. 社会福祉協議会の金銭管理サービスの利用

問題84 : 58歳の男性。腹痛と腹部膨満感とを主訴に救急外来を受診した。来院時の立位腹部エックス線写真に示す。この患者の症状として考えられるのはどれか。2つ選べ。

問題84の画像
  • 1. 下血
  • 2. 嘔吐
  • 3. 尿閉
  • 4. 振戦
  • 5. 排ガス停止

問題85 : 老年期の体温調節で正しいのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 温めると容易に体温が上昇する
  • 2. 暑さ・寒さに対する感受性が高い
  • 3. 発汗にはより高い体温が必要である
  • 4. 骨格筋が減少して熱産生能が低下する
  • 5. 抹消血管収縮反応が亢進し熱が逃げにくい

問題86 : 75歳の女性。パーキンソン病と診断され、レボドパ(L-dopa)と抗コリン薬とが投与されている。最近、尿意はあるが尿が出にくく、気が付くと尿が漏れているという。対応で正しいのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 残尿量を調べる
  • 2. 定期的な排尿誘導を行う
  • 3. 骨盤底筋運動の指導をする
  • 4. 抗コリン薬の服薬状況を確認する
  • 5. 2000ml/日以上の水分摂取を勧める

問題87 : 介護老人保健施設について正しいのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 介護、機能訓練及び医療を行う
  • 2. 常勤医の配置が義務付けられている
  • 3. 入所者100人当たりの看護師数は3人である
  • 4. 希望すれば訪問看護サービスを受けることができる
  • 5. 介護保険で要支援と認定された者も対象に含まれる

問題88 : 母体保護法が規定しているのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 人工妊娠中絶
  • 2. 助産施設への入所
  • 3. 妊産婦の訪問指導
  • 4. 受胎調節の実地指導
  • 5. 妊産婦等にかかわる危険有害業務の就業制限

問題89 : 妊娠16週の状況で正しいのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 胎盤が完成している
  • 2. 初産婦は胎動を感じる
  • 3. 胎児の体重は約500gである
  • 4. 基礎体温は高温相を維持している
  • 5. 超音波ドプラ法で胎児心音を聴取できる

問題90 : 危機の説明で適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 成人期に最も起こりやすい
  • 2. 身体疾患患者には起こりにくい
  • 3. 対処機制が乏しい場合に起こりやすい
  • 4. 乗り越えることで成長する可能性をもつ
  • 5. フラッシュバックを伴うことが必要条件である