看護師 実習レポート

■かんごシカのシっカり国試解説!

今月は食中毒に関する問題じゃ。

■ 今月の問題

出血性だから…

正解は①よ。
腸管出血性大腸菌感染症は、その名の通り出血性腸炎を起こすの。
重症化すると溶血性尿毒症を起こすわ。

その通り。
詳しく解説するぞ。



【解説】

腸管出血性大腸菌 O-157感染症は、感染症法では、現在、3類に指定されており、診察医は「直ちに届出」をしなければならないのじゃ。

菌の特徴は、グラム陰性桿菌で、ベロ毒素を産生することから、ベロ毒素産生性大腸菌ともよばれているわ。
低温には強く冷蔵庫内でも生息できるけど、熱に弱いの。

感染経路としては、健康な家畜の腸管内に存在するから、生肉等を食べると感染する危険性が高いよ。
食品の中心部を75℃以上で1分間以上加熱すると死滅するから、十分に加熱調理したものを食べることで感染を予防することができるよ。

症状は、出血性の下痢を特徴とするぞ。
高齢者や乳幼児など抵抗力の弱いものでは溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症して急性腎不全となり、重篤な状態となって生命の危険を伴うことがあるんじゃ。

溶血性尿毒症症候群は、ベロ毒素が腎臓の血管内皮細胞を傷害、破壊するから、そこに血小板が凝集して、さらにフィブリンが付着するの。
その狭くなった血管に赤血球が流れると、赤血球が破砕・溶血することで起こるのよ。

なるほど!
でも食中毒って O-157 だけじゃないよね?

そうよ!
食中毒には3つの分類があるの。
教授、詳しく教えてください。

食中毒は、

①、感染型細菌性食中毒:食品に付着した病原菌の摂取によって生じる。腸管出血性大腸菌(O-157)、腸炎ビブリオ、サルモネラなどがある。原因菌が細胞を直接傷害するものであり、発症までが1日から1週間までと幅があることが特徴。

②、毒素型細菌性食中毒:食品中に産生された毒素の摂取によって生じる。加熱処理による予防は無効。ブドウ球菌、ボツリヌス菌などがある。発症までの時間が短い。

③、ウイルス性食中毒:食品に付着したウイルスの摂取によって生じる。日本ではノロウイルスによる感染が最も多い。冬季に多発し、嘔吐・下痢・腹痛などの消化器症状を引き起こす。

に分類されるのじゃ。

食中毒にかかった場合、下痢や嘔吐といった症状がみられるので脱水症状に注意すること。
下痢止めの薬等は症状を悪化させてしまう原因となるおそれがあるので、服用してはだめよ。

今回のO-157も怖いけど、
これからの寒い季節、インフルエンザやノロウイルス、色々な感染症が増えてくるね。

そうね。病原体である微生物がヒトの身体の中に侵入し、その中で増殖することを「感染」といい、感染により病害をもたらされた状態を「感染症」というの。
感染症の発病には、宿主の抵抗性や免疫機能が深く関わっているのよ。

様々な感染症の感染経路は、

●接触感染:ヒト-ヒトの直接接触や患者使用物品、環境表面との間接接触により伝播する感染様式。MRSAをはじめとする多剤耐性菌・腸管出血性大腸菌・ノロウイルスなどによる感染症。

●経口感染:汚染された水や食物を介する場合、病原体はふつう口から入り消化管粘膜から体内に侵入する。食中毒は経口感染によっておこる。

●飛沫感染:咳・くしゃみ・会話・気管吸引などに伴って、発生する飛沫が経気道的に粘膜に付着し、これに含まれる病原体により起きる感染様式。インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、風疹など。

●空気感染:微生物を含む直径5μm以下の微小飛沫核が長時間浮遊し、空気の流れによって経気道感染される感染様式。結核・水痘・麻疹など。

●経皮感染:寄生虫である住血吸虫類への感染などでは、皮膚に傷を残すことなく健常な皮膚を介して病原体が体内に侵入する。
医療現場における針刺し事故や、輸血による感染も、経皮感染に含まれる。ペスト・マラリア・デング熱・B型肝炎・C型肝炎など。

じゃよ!

感染症の分類について、
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(いわゆる感染症法)では、感染症をその感染症や重篤性によって1類から5類および新型インフルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症に分類し、それぞれに応じた対策を定めているんだ。

分類の詳細は下記ウェブサイト参照してね!

■ 類似問題【国試101回 午前問題82 】

ボツリヌス毒素は神経細胞に取り込まれ、神経-筋刺激伝達物質の放出を抑制するため、呼吸筋などの麻痺をおこすの。
ノロウイルスは、カキなどの二枚貝に生息しているため、生がきを摂食する冬季に患者発生が多くみられるのよ。

正解は③・⑤

■ 類似問題【国試106回 午後問題15】

インフルエンザウイルスは、気道粘膜上皮細胞中で増殖し、咳やくしゃみにより発生する飛沫を介して感染する飛沫感染よ。
また、汚染した手指を介する感染もあるの。

正解は④

■ 類似問題【国試104回 午後問題3】

サルモネラは家畜の腸管に生息し、食肉や鶏卵を汚染して、サルモネラ食中毒の原因になるのよ。

正解は③



内容提供:

医療WORKER 看護学生就職サポート

看護師さん専門の就職サポート


医療WORKERは長年の看護師さんの就職・転職支援の経験を活かし、 看護学生さんの初めての就職活動を
すべて無料でサポートしています。

就活サポート

  • 職場選びに役立つ情報
  • 就活の基本HOWTO就活
  • 無料相談 など

面接対策

  • 受かる履歴書の書き方
  • 面接マナー
  • 本番で困らない面接対策 など

すべて無料!就職サポートをご希望の方はコチラ

看護学生就職サポート