看護師 実習レポート

■ かんごシカのシっカり国試解説!

今月は不妊に関する問題じゃ。

■ 今月の問題

う〜ん…

正解は①よ。
精子または精液を人工的に子宮内に注入する不妊治療法よ。

その通り。
詳しく解説するぞ。


【解説】

これまでの「不妊」といえば、感染症による問題などが取り上げられておった。しかし、近年では晩婚化や出産の高齢化など、不妊という問題を様々な形で耳にするようになったぞ。

そんな中、先日厚生労働省の調査により、『不妊治療が原因で離職する人16%』という実態が明らかになり、不妊治療と仕事の両立が難しいという新たな問題が浮き彫りになったの。

そうなんじゃ!そこで、今回はそういった新たな問題を絡めつつ、国試に度々出てきている不妊について解説していくぞ。まずは今月の重要ワードの解説じゃ。

性感染症

冒頭にもあった通り、これまでの国試でも不妊に対して感染症などの疾患について問う内容が多かったです。代表的なものとして、『クラミジア』『淋菌』が挙げられます。ここではその2つについて解説していきます。

クラミジア感染症
クラミジア・トラコマチスによる性感染、もしくは産道感染。
男性の場合:尿道炎による排尿痛、痒み、尿道不快感など
女性の場合:子宮頸管炎、肝周囲炎、不妊など
新生児の場合:結膜炎、肺炎など   をそれぞれ引き起こす

淋菌感染症
淋菌による性感染、もしくは産道感染。
男性の場合:急性尿道炎、前立腺炎、精巣上体炎など
女性の場合:子宮頸管炎、尿道炎、子宮内膜炎、不妊症など
新生児の場合:結膜炎、失明など   をそれぞれ引き起こす

不妊治療

そもそも「不妊」とは『妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性行をしているにも関わらず、一定期間(1年というのが一般的である)妊娠しないもの』と日本産科婦人学会は定義しています。不妊の原因は女性だけでなく男性にもあり、お互いが検査を受けなければ分かりません。その検査の結果を受けて、治療が始まります。

治療について表でまとめたよ!

治療法 保健・助成 詳細
一般不妊治療 男性不妊の治療 保険適用
(一部適用外)
精管閉塞、先天性の形態異常、逆行性射精、造精機能障害など。
手術療法や薬物療法が行われる。
女性不妊の治療 保険適用 子宮奇形や、感染症による卵管の癒着、子宮内膜症による癒着、ホルモンの異常による排卵障害や無月経など。手術療法や薬物療法が行われる。
人工授精 地方自治体によって様々 精液を注入器で直接子宮に注入し、妊娠を図る。主に、夫側の精液の異常、性行障害等の場合に用いられる。
特定不妊治療 体外受精 国費で助成 体外で受精させ、妊娠を図る。採卵を伴うため、女性側の身体的負担が重い。
主に、人工授精後や女性不妊の場合に用いられる。
顕微授精 国費で助成 体外受精のうち、人工的に(卵子に注射針等で精子を注入するなど)受精させるもの。
顕微鏡下精巣内精子回収法 国費で助成 手術用顕微鏡を用いて精巣内より精子を回収する。
不妊治療の場合、「治療がいつ終わるのか」というのは分からない。明日なのか、1か月後なのか1年後なのか…。そういった不安や、通院などによって仕事を続けることが困難となって、『離職16%』ということに繋がっていくのじゃ。

今後は「不妊・不妊治療」などに対する国や企業のサポート、考え方や取組などが大きく変わっていくと思うわ。

■ 類似問題【国試102回 午前問題69】

予防には性交渉の際のコンドームの使用が有効よ。もし性感染症と診断された場合は、パートナーも感染している可能性が高くパートナーも受診する必要があるの。また、10代では、ヘルペスではなく、クラミジア感染が多いわ。

正解は④

■ 類似問題【国試103回追試試験 午前問題82】

淋菌感染症は不妊の原因のひとつであり、受精障害を引き起こす性感染症よ。

正解は②

■ 類似問題【国試104回追試試験 午前問題81】

体外受精の場合は国から助成金(特定治療支援事業の対象)がでるの。

正解は③


医療WORKER 看護学生就職サポート

看護師さん専門の就職サポート


医療WORKERは長年の看護師さんの就職・転職支援の経験を活かし、 看護学生さんの初めての就職活動を
すべて無料でサポートしています。

就活サポート

  • 職場選びに役立つ情報
  • 就活の基本HOWTO就活
  • 無料相談 など

面接対策

  • 受かる履歴書の書き方
  • 面接マナー
  • 本番で困らない面接対策 など

すべて無料!就職サポートをご希望の方はコチラ

看護学生就職サポート