看護師 実習レポート

■ かんごシカのシっカり国試解説!

今月は体位ドレナージに関する問題じゃ。

■ 今月の問題

どの向きだったっけ…

正解は②よ。
図は頭部を低くし、右側臥位(左肺が上にくる体位)をとっているから、左下葉に痰が貯蓄している時の体位ドレナージよ。
①の左上葉の体位ドレナージはギャッチアップなどで頭部を高くした右側臥位が適しているわ。③の右上葉の体位ドレナージはギャッチアップなどで頭部を高くした左側臥位が適しているわ。④の右下葉の体位ドレナージは頭部を低くした左側臥位が適しているわ。

その通り。
詳しく解説するぞ。


【解説】

体位ドレナージというのは、気道や肺胞内の分泌物の移動・排出を促し、換気や酸素化の改善を目的として行われる「排痰ケア」のひとつじゃ。気道感染などの呼吸器合併症を予防する重要な看護ケアであり、国試にもたびたび出題されているのじゃ。

喉や気管支にからんでなかなか排出することができない痰を患者さんの負担にならない方法で体外に排出するために、以下の3つ要素をうまく組み合わせて行われるのよ。

排痰方法の基本原則(排痰の3要素)

①湿度 加湿による痰の粘稠度・水分の管理
②重力 体位ドレナージ
③呼吸量と呼気の速度 スクィージング、咳、ハッフィング

※スクィージング:胸郭に手を置き、患者の呼吸に同調させ呼息に合わせて圧迫する排痰法。
※ハッフィング:声門を開いたまま強くて速い呼息を行うことで呼気流速を操作し、痰の可動性をあげる。

体位ドレナージ

  • 重力を利用して貯留している分泌物を移動させ、その刺激で咳嗽反射を促し、喀痰喀出を援助する。
  • 実施前に貯留痰を吸引して呼吸困難を軽減する。
  • 体位ドレナージを行う前にネブライザー吸入で痰を柔らかくしておくと効果的である。
  • 体位ドレナージ後には必ず吸引を行う。
  • 自分で体位変換ができても、喀痰喀出が困難な患者は対象外になる。
  • 創部ドレーンが挿入されている場合には、ドレーン抜去や排液に注意しながら行う。

痰の貯留部位とドレナージに効果的な体位

  • 左右の上葉に痰の貯留が認められる場合(座位)

    左右の上葉に痰の貯留が認められる場合(座位)
  • 左右の上葉に痰の貯留が認められる場合(ファウラー位・左上葉は右側臥位、右上葉は左側臥位)

    左右の上葉に痰の貯留が認められる場合(ファウラー位・左上葉は右側臥位、右上葉は左側臥位)
  • 右下葉に痰の貯留が認められる場合(左側臥位・頭低位)

    右下葉に痰の貯留が認められる場合(左側臥位・頭低位)
  • 左下葉に痰の貯留が認められる場合(右側臥位・頭低位)

    左下葉に痰の貯留が認められる場合(右側臥位・頭低位)

肺の区域

肺の区域

禁忌

体位ドレナージは、循環動態が不安定な患者、未処置の気胸・肺梗塞・脳浮腫・ショック患者には禁忌である。特に頭低位は頭蓋内圧を亢進させることや、不整脈を誘発することがあるため実施には注意が必要である。体位ドレナージは患者に負担の少ない体位をとることが重要とされる。

体位ドレナージは、気管内挿管実施時の患者さんや慢性閉塞性肺疾患で呼吸を訴えている患者、筋萎縮性側索硬化症患者の日常、気管支炎を発症した乳児への対処など、様々な場面で行われるわ。

禁忌例に気を付け、患者への負担を考慮した体位で工夫して患者の苦痛を和らげることができる重要な看護ケアなのじゃ。

■ 類似問題【国試94回 午前問題30】

この図では、左側臥位・頭低位となっているため、右下葉に痰の貯留が認められているわ。

正解は②

■ 類似問題【国試103回 午前問題44】

スクイージングは、胸郭に手を置き、患者の呼吸に同調させ呼息に合わせて胸壁を圧迫して痰などの移動を促すのよ。

正解は③

■ 類似問題【国試104 午前問題24】

体位ドレナージでは、重力を利用して気道内分泌物を気管支へと移動させて、痰の喀出をしやすくするわ。

正解は③


医療WORKER 看護学生就職サポート

看護師さん専門の就職サポート


医療WORKERは長年の看護師さんの就職・転職支援の経験を活かし、 看護学生さんの初めての就職活動を
すべて無料でサポートしています。

就活サポート

  • 職場選びに役立つ情報
  • 就活の基本HOWTO就活
  • 無料相談 など

面接対策

  • 受かる履歴書の書き方
  • 面接マナー
  • 本番で困らない面接対策 など

すべて無料!就職サポートをご希望の方はコチラ

看護学生就職サポート