看護師 実習レポート

■ かんごシカのシっカり国試解説!

今月は 脳死判定に関する問題じゃ。

■ 今月の問題

うーん。『脳死』だから…

正解は③よ。
脳幹反射の消失は脳死の判定基準のひとつよ。①は「瞳孔の不同」ではなく「瞳孔の直径4mm以上の散大と固定」の判定。②の「心室細動の持続(による心臓停止など)」は死の三徴候と考えられる。④のチェーンストークス呼吸は終末期の患者にみられることはあるけど、臓器の移植に関する法律における脳死の判定基準に含まれるのは「自発呼吸の消失」よ。

その通り。
詳しく解説するぞ。


【解説】

日本において長い間「脳死は人の死か?」という議論が交わされておったが、平成9(1997)年に「臓器の移植に関する法律」が施行され、脳死が人の死と認められ、脳死者からの臓器摘出が可能となったぞ。
その後、平成21(2009)年7月に法律の改正案が成立し、それまで生前の本人の意思表示が必須条件であったことが緩和され、本人の生前の拒否の意思表示がない限り家族の同意で脳死判定・臓器提供が可能となり、また年齢制限もなくなったため、15歳未満の脳死者からの臓器提供も可能となったのじゃ。

「臓器の移植に関する法律」において「脳死した者の身体」とは、脳幹を含む全脳の機能が不可逆的に停止する(再び機能が回復することがなくなった状態)に至ったと判定された者の身体としているの。植物状態の患者は脳幹の機能が残っている状態で回復することもあるため脳死とは全く別の状態と考えられているわ。

この法律において「臓器」とは、人の心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、および眼球のことをいい、骨髄移植などの骨髄はふくまれないのじゃ。

法的脳死判定と臨床的脳死診断

脳死の判定には「法的脳死判定」と「臨床的脳死診断」があり、法的脳死の判定の場合に必要な「自発呼吸の消失の判定」や2名以上の医師による判定は臨床的脳死診断には含まれません。

法的脳死判定前の確認事項

臓器提供の意思表示カードを持つこと
脳死判定対象者が18歳未満では虐待の疑いがないこと
知的障害などを有さない者であること
臓器提供を拒否する意思がないこと
小児は生後12週以上であること
その他

判定をする前の確認事項はとても大切なんだね。

では、法的脳死の判定基準について説明するぞ。

法的脳死の判定基準

深い昏睡 (顔面への疼痛刺激:ピンで刺激を与える、眉毛の下を強く押すなど)
瞳孔が固定し、瞳孔の直径4mm以上の散大 (瞳孔に光を当てて確認する)
脳幹反射の消失(角膜を綿で刺激する、耳の中に冷たい水を入れる、喉の奥を刺激するなど)
平坦な脳波(脳波の検出:最低30分間計測不能であることの確認)
自発呼吸の消失(無呼吸テスト:人工呼吸器を外し、一定時間観察する)
以上の❶~❺の全ての条件が満たされた後、6時間以上(生後12週~6歳未満の小児は24時間以上)経過して同じ一連の検査をした後、変化がなく不可逆的であることの確認を行う。判定は、2名以上の担当医師(必要な知識および経験を有する、臓器摘出・移植と無関係の医師)による。
※❶〜❹は臨床的脳死診断

脳死と植物状態

脳死 脳死

脳幹を含めて脳の全機能が消失しており、不可逆的な状態である。

植物状態 植物状態

脳幹が機能しており、自発呼吸など生命維持機能が残っている。

平成21年の法改正以降、15歳未満の小児からの臓器提供が可能になったけど、小児の脳死判定に関しては、虐待などによって脳死状態になってしまった場合もあるわ。

そういった見分け方や対応の問題もあり、判定の困難さが課題とされているのじゃ。

■ 類似問題【国試100回 午前問題10】

①の徐脈は心拍数が60回 /分未満の状態、②除脳硬直、④のけいれんは筋肉の収縮によるものであって人体の生命活動の一端と考えられる。

正解は③

■ 類似問題【国試105回 午後問題76】

平成21年の法改正によって15歳未満の小児からの臓器提供が可能となったというポイントを問う問題よ。生後12週未満の乳児は対象外だけど、年齢を1歳(1年)以降のことと考え「年齢制限なし」が正答となるわ。

正解は⑤

■ 類似問題【国試108回 午前問題24】

①の瞳孔径は4㎜以上、②は徐波でも脳波があるので×、③は微弱でも自発呼吸があるので×、⑤は深昏睡ではないので×。

正解は④


医療WORKER 看護学生就職サポート

看護師さん専門の就職サポート


医療WORKERは長年の看護師さんの就職・転職支援の経験を活かし、 看護学生さんの初めての就職活動を
すべて無料でサポートしています。

就活サポート

  • 職場選びに役立つ情報
  • 就活の基本HOWTO就活
  • 無料相談 など

面接対策

  • 受かる履歴書の書き方
  • 面接マナー
  • 本番で困らない面接対策 など

すべて無料!就職サポートをご希望の方はコチラ

看護学生就職サポート