看護師国家試験 模試問題 第12回

問題8 一般問題 / 精神看護学 / とってもやさしい

MRIの画像検査で、海馬の萎縮が明瞭化してくる疾患はどれか。

  1. 自閉症
  2. 統合失調症
  3. アルツハイマー病
  4. 前頭側頭型認知症
  5. パーソナリティ障害
解答を見る(下へスクロール)
正解
3
1. × 自閉症は、環境刺激を情報として処理する脳の機能障害であり、海馬の萎縮は該当しない。
2. × 統合失調症は、中脳辺縁系・中脳皮質系でドパミンの分泌に異常をきたすが、海馬の萎縮は生じない。
3. MRIの画像では、病状が進行すると嗅内皮質と海馬の萎縮が明瞭化する。
4. × 従来はピック病と呼ばれ、MRIの画像では、前頭葉中心に萎縮するタイプと側頭葉外側が萎縮するタイプはあるが、海馬の萎縮は該当しない。
5. × パーソナリティ障害は、特定のパーソナリティによって、他者との軋轢が生じる疾患だが、器質的な障害は生じない。
内容提供: