看護師国家試験 模試問題 第15回

問題8 一般問題 / 基礎看護学 / とってもやさしい

糖尿病と動脈硬化の診断を受け、食事指導と運動指導を受けた患者の態度と防衛機制の組合せで正しいのはどれか。

  1. 急に止めるとストレスになると禁酒・禁煙をしない ……… 退行
  2. 自分は健康で病気のはずがないと言う ……… 投影
  3. 主治医が自分を嫌いなので必要以上に厳しいと考える ……… 反動形成
  4. 食事制限と運動を守ることが最も重要だと考える ……… 抑圧
  5. 治療を守らず、病院を受診しなくなる ……… 逃避
解答を見る(下へスクロール)
正解
5
1. × 自分に都合のよい理由をつけて、禁酒・禁煙を行わないのは、合理化である。
2. × 自分が病気であるという事実を認められない状態は、否認である。
3. × 主治医が自分に対して必要以上に厳しいという負の感情を持ち、その負の感情を相手が持っているためだとするのは、投影(投射)である。
4. × 感情や欲動を直接に意識化しないで、知的な認知や考えでコントロールしている知性化である。
5. 糖尿病であるという事実と向き合おうとしないのは、逃避である。
内容提供: