看護師国家試験 模試問題 第17回

問題7 一般問題 / 疾病の成り立ちと回復の促進 / ★★★ ちょっと難しい

代謝性アシドーシスになるのはどれか。2つ選べ。

  1. 慢性閉塞性肺疾患
  2. インスリン依存性糖尿病
  3. 飢 餓
  4. 胃液の持続吸引
  5. 過換気症候群
解答を見る(下へスクロール)
正解
2・3
1. × 呼出が障害されて弱酸のCO2が蓄積し、pHが酸性に傾き、PaCO2が上昇して呼吸性アシドーシスになる。
2. インスリンは細胞がグルコースを利用するのを促進するホルモンである。インスリンが絶対的に不足するインスリン依存型糖尿病では、グルコースが利用できないため、生体は代わりに体脂肪を分解してエネルギー源を確保しようとする。その過程で強酸性のケトン体が大量に作られるため、生体は代謝性アシドーシスとなる。飢餓によってグルコースが利用できない場合も、同様に代謝性アシドーシスに陥る。
3. (2と同じ)
4. × 胃液内の水素イオン(H+)を大量に喪失するため、代謝性アルカローシスになる。
5. × 過剰な換気により、弱酸のO2が大量に取り込まれるため、弱酸のCO2が正常以上に呼出され、pHがアルカリ性に傾き、呼吸性アルカローシスになる。
内容提供: