看護師国家試験 模試問題 第17回

問題8 一般問題 / 在宅看護論 / ★★ やさしい

Aさん(60歳、女性)。子宮癌で在宅療養中であり、膀胱留置カテーテルを挿入している。 合併症予防で適切なのはどれか。

  1. チーマンカテーテルを用いる。
  2. 水分摂取は1日500mL以下とする。
  3. カテーテルの太さは14〜18Frとする。
  4. カテーテルの交換は2か月ごとに行う。
  5. バルーンの固定液には生理食塩水を用いる
解答を見る(下へスクロール)
正解
3
1. × チーマンカテーテルは男性でカテーテル挿入困難な場合に用いる。
2. × 尿路感染予防のために尿量を1日1,500mL以上に保つよう水分摂取を行う。
3. 正しい。男性では14〜20Frが用いられる。女性の場合は、12~18Frを使用することが多い。
4. × カテーテルの交換は3~4週間に1回行う。
5. × バルーンの固定液には蒸留水を用いる。生理食塩水は食塩が結晶化して閉塞を起こすことがある。
内容提供: