看護師国家試験 模試問題 第18回

問題10 一般問題 / 小児看護学 / とってもやさしい

学校における喫煙予防教育を開始する時期として最も適切なのはどれか。

  1. 幼稚園
  2. 小学校低学年
  3. 小学校高学年
  4. 中学校
  5. 高 校
解答を見る(下へスクロール)
正解
3
1. × 早期からの教育は重要であるが、喫煙の健康への影響を理解できる段階が望ましい。
2. × (1と同じ)
3. 「新学習指導要領・生きる力」によると「第5学年及び第6学年」(小学校高学年)から喫煙の予防理解の教育が開始される。喫煙の健康への影響を理解できる段階で、早い時期からが望ましい。
4. × (3と同じ)
5. × 年齢とともに喫煙者が増加する。喫煙開始前の教育が重要である。
内容提供: