看護師国家試験 模試問題 第24回

問題6 一般問題 / 成人看護学 / ★★ やさしい

胃切除術後のダンピング症候群予防への食事指導はどれか。

  1. 「食後30分以内に起こらなければ、問題ありません」
  2. 「食事回数を減らし1回量を多くするとよいですよ」
  3. 「脂肪を多く含む食品を摂るとよいですね」
  4. 「食後2~3時間に間食を取り入れる工夫をしましょう」
  5. 「たくさんの水分を飲みながら食事をしましょう」
解答を見る(下へスクロール)
正解
4
1. × 食後30分以内に起こる早期ダンピング症状(全身症状と腹部症状)だけでなく、食後2~3時間後にも後期ダンピング症候群(反応性低血糖をきたした状態)が生じるため注意が必要である。
2. × 手術後3~6か月は、1日6回の分割食とし、1回量を少なめに時間をかけて摂取する。
3. × 三大栄養素のうち脂肪の吸収障害が起こりやすく、未消化の栄養素が小腸に流れ込むと下痢を引き起こす。
4. 後期ダンピング症候群を予防するのに効果的である。
5. × たくさんの水分によって、食事が消化管へと押し込まれていくため、食事中の水分は多く摂らないようにする。
内容提供: