看護師国家試験 模試問題 第27回

問題4 必修問題 / 必修Ⅲ / とってもやさしい

後頭部を殴られたような激しい頭痛が生じた時、疑うのはどれか。

  1. 片頭痛
  2. 脳梗塞
  3. クモ膜下出血
  4. 脳腫瘍
解答を見る(下へスクロール)
正解
3
1. × 片頭痛は、運動や光といった刺激に誘発され、片側に拍動性の疼痛がみられる。
2. × 脳梗塞では、半身不随、半身麻痺、痺れ、感覚の低下、手足の運動障害、意識障害、言語障害、昏睡などがみられるが、頭痛の症状がみられるのは稀である。
3. 最も疑われる。クモ膜下出血では、脳の動脈にできた瘤が破れてクモ膜下へ出血し、後頭部を殴られたような激しい頭痛が生じる。
4. × 脳腫瘍は、徐々に増大して慢性頭蓋内圧亢進症状を呈する。持続的な頭痛と嘔気・嘔吐がみられる。
内容提供: