看護師国家試験 模試問題 第28回

問題3 必修問題 / 必修Ⅱ / ★★★ ちょっと難しい

ハヴィガーストの発達課題で青年期に該当するのはどれか。

  1. 正・不正を区別することの学習と良心の発達
  2. 社会的・市民的義務を引き受けること
  3. 一定の経済的生活水準の確立と維持
  4. 職業の選択及び準備
解答を見る(下へスクロール)
正解
4
1. × ハヴィガーストは、個人が健全な発達を遂げるために、発達のそれぞれの時期で果たさなければならない課題を設定し、それら発達課題について次のように述べている。
「発達課題とは、人生のそれぞれの時期に生ずる課題で、それを達成すればその人は幸福になり、次の発達段階の課題の達成も容易になるが、失敗した場合はその人は不幸になり、社会から承認されず、次の発達段階の課題を成し遂げるのも困難となる課題である」。
選択肢1は、乳幼児期の発達課題である。
2. × 老年期の発達課題である。
3. × 中年期の発達課題である。
4. 青年期の発達課題である。
内容提供: