看護師国家試験 模試問題 第28回

問題9 一般問題 / 母性看護学 / とってもやさしい

Aさん(38歳、2回経産婦)は、妊娠経過、分娩経過も順調で、昨日午後10時40分に3,420gの男児を正常分娩で出産した。分娩所要時間は5時間40分。会陰裂傷は無く、出血も少量であった。分娩直後から母児同室で過ごしている。午前10時に看護師が訪室すると、「後陣痛がつらい。今はとにかく眠りたい」と話している。
Aさんへの看護師の声かけとして適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 「会陰の傷もないので今回は楽でしたね」
  2. 「3人目だから何の心配もありませんね」
  3. 「安産だったからそんなに疲れてないですね」
  4. 「少し休めるよう赤ちゃんを預かりましょうか」
  5. 「痛み止めの薬を医師に処方してもらいましょうか」
解答を見る(下へスクロール)
正解
4・5
1. × 会陰裂傷が無いとしても、褥婦は後陣痛がつらいと言っている。このつらさを受けとめる言葉をかけた方がよい。
2. × たとえ経産婦であったとしても、1人目、2人目にはなかった不安などを感じることがある。3人の子どもの母親という体験は初めてであるということを念頭に置く。
3. × 疲労を訴えている褥婦に対する言葉として適切でない。
4. 正しい。眠りたいという欲求を満たせるよう援助することが重要である。
5. 疼痛が強いようであれば、まず除痛を図る必要がある。
内容提供: