看護師国家試験 模試問題 第31回

問題3 必修問題 / 必修Ⅱ / とってもやさしい

「患者生存中に家族が患者との死別を考え悲しむ反応」を意味するのはどれか。

  1. 喪の作業
  2. 取り引き
  3. 予期悲嘆
  4. ルサンチマン
解答を見る(下へスクロール)
正解
3
1. × 喪の作業はモーニングワークまたはグリーフワークともいい、愛する人との死別の深い悲しみである悲嘆を乗り越える作業をいう。
2. × 取り引きは、キューブラー・ロスの「死を迎える患者の心理的軌跡」における5段階の第3段階である。「もう少し良い行いをするので、命をながらえさせてください」など、何とか死なずにすむように取り引きをしようと試みる、何かにすがろうという心理状態である。
3. 予期悲嘆は、患者の家族が、患者の生存中に死別を予期して感じる悲嘆である。
4. × ルサンチマン(うらみ)は、デーケンの悲嘆の12段階の第5段階で、周囲の人々や個人に対して、敵意という形で、やり場のない感情をぶつける状態をいう。
内容提供: