看護師国家試験 模試問題 第31回

問題10 一般問題 / 小児看護学 / ★★ やさしい

新生児期に起こりやすい事故はどれか。

  1. 柔らかい布団による窒息
  2. よだれかけによる窒息
  3. 浴槽への転落
  4. ポット接触による熱傷
  5. ボタンの誤飲
解答を見る(下へスクロール)
正解
1
1. 新生児期(生後4週未満)では寝具などによる圧迫、吐乳の誤嚥などによる窒息が最も多い。
2. × ひもやよだれかけによる事故は、物をつかめるようになる8~9か月頃に多い。
3. × 浴槽への転落事故は、つかまり立ちを始める10か月頃から起こりやすい。
4. × ハイハイ、歩きはじめなど室内を移動するようになる8~9か月以降に多い。
5. × ボタンなどの誤飲は、ハイハイを始めて物をつかめるようになる8~9か月頃に多い。
内容提供: