看護師国家試験 模試問題 第33回

問題6 必修問題 / 必修Ⅳ / ★★ やさしい

軽度認知症で歩行器を利用している患者の食事環境として最も望ましいのはどれか。

  1. ベッド上
  2. 病棟食堂
  3. ベッドサイド
  4. ナースステーション
解答を見る(下へスクロール)
正解
2
1. × (2を参照)
2. 患者は歩行器が利用できるため、ベッド上やベッドサイドではなく、歩行器で食堂に移動してできるだけ病床と食事の場を区別し、リラックスできる環境を提供することが望ましい。
食事の際には、食事にふさわしい環境を整えることが必要である。食事環境を整えることが、食欲や食べることの質の向上につながる。気分を変えて気持ち良く食事できるよう、病床と食事の場を区別することが望まれる。
3. × (2を参照)
4. × (2を参照)
内容提供: