看護師国家試験 模試問題 第33回

問題8 一般問題 / 人体の構造と機能 / ★★ やさしい

正しいのはどれか。

  1. レニンはアンギオテンシンの生産を抑制する。
  2. アルドステロンが分泌されると体内の水分が減少する。
  3. 血圧が低下すると、レニン分泌が促進される。
  4. レニンの分泌が抑制されると、アルドステロンは高値となる。
  5. アンギオテンシンⅡは大動脈を収縮させる。
解答を見る(下へスクロール)
正解
3
1. × レニンはアンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンⅠに変換する。
2. × アルドステロンは副腎皮質球状層から分泌されるステロイドホルモンで、腎集合管に作用してナトリウムの再吸収とカリウム排泄を促進し、体内の水分を保持する。
3. レニンは腎臓の血流量の減少、あるいは腎臓の血圧低下が引き金となって、腎臓の傍糸球体装置から分泌される。
4. × レニンの分泌が抑制されると、アンギオテンシンの合成が抑制される。アルドステロンの分泌も抑制される。
5. × アンギオテンシンⅡは細動脈を収縮させる。
内容提供: