看護師国家試験 模試問題 第34回

問題9 一般問題 / 老年看護学 / ★★★ ちょっと難しい

Aさん(85歳、女性)は、「義歯が合わない」と言い、朝・夕は粥と豆腐、柔らかく煮た野菜、昼はうどんを食べている。
Aさんの食生活についてのアセスメントで適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 生活習慣病予防に効果的な食事である。
  2. 蛋白質は十分である。
  3. エネルギー不足の可能性がある。
  4. サプリメントを積極的に取り入れたほうがよい。
  5. 義歯の調整が必要である。
解答を見る(下へスクロール)
正解
3・5
1. × 高齢者は加齢による歯牙の欠損や消化機能の低下、脳血管疾患後遺症による嚥下障害、活動性の低下などによって食事摂取量が減少し、低栄養状態になりやすい。生活習慣病の予防は重要であるが、適正なエネルギー量で必要な栄養素をバランスよく摂ることが必要である。
2. × 高齢者の食事は副食が簡素になりがちで、特にタンパク質が不足がちであることが指摘されている。Aさんの食事はタンパク源が豆腐だけであるため、必須アミノ酸が不足しやすい。
3. 粥は米飯よりも水分が多く、摂取エネルギー不足となりやすい。
4. × 食事で十分摂取できない微量元素に関してはサプリメントの利用も考慮されるが、食事は人間の基本的欲求であり、経口的においしい食事を摂れることは人生の喜びでもある。まずは食事を充実させ、心身ともに満足な状態を考える。
5. Aさんの食事内容がパターン化しており、栄養が偏りやすい状況にある。義歯を調整し、咀しゃく力を回復することで多様な食物の摂取や栄養状態の改善が見込める。
内容提供: