看護師国家試験 模試問題 第35回

問題5 必修問題 / 必修Ⅳ / とってもやさしい

病院の病室環境として正しいのはどれか。

  1. 照明は300ルクス程度とする。
  2. 看護師の話し声や足音も騒音になり得る。
  3. 冬期の病室温度は約25℃程度、湿度30%程度とする。
  4. 窓の開閉による自然換気は行わない。
解答を見る(下へスクロール)
正解
2
1. × 病室の照明は100~200ルクス程度が適している。また、JIS照明基準総則では、ナースステーションは500ルクス、手術室は1,000ルクス、手術野は10,000~100,000ルクスの照度が推奨されている。
2. 音の感じ方は個人差が大きい。不必要な物音は患者の療養生活に悪影響を与えるため、注意が必要である。
3. × 病室では、患者が床上安静を保っている場合、冬は気温約20~22℃、湿度40~50%、夏は気温約25~27℃、湿度50~60%が適している。中間期では夏と冬の中間値とする。
4. × 病院の冷暖房は集中制御されていることが多く、患者の個別性に応じた調節が難しいため、自然換気や掛け物の使用などによる調節を行う。自然換気の際は、外気が直接患者にあたらないよう配慮する。
内容提供: