看護師国家試験 模試問題 第4回

問題7 一般問題(設定) / 老年看護学 / ★★ やさしい

Aさん(83歳、女性)。PEM(Protein Energy Malnutrition)の疑いがあると主治医から説明を受けた。 Aさんの症状について考えられるのはどれか。

  1. 食生活との関連はない。
  2. 加齢により発症のリスクが高まる。
  3. 血液検査では判定できない。
  4. 「栄養過多」という意味がある。
解答を見る(下へスクロール)
正解
2
1. × PEM(エネルギーと蛋白質が欠乏している低栄養状態)には食事量の低下や栄養の偏りなどが影響している。
2. 高齢者は、食事量の低下や嗜好の変化(あっさりしたものを好む)により、食事に偏りが生じやすく、PEMのリスクが高まる。また、果物・野菜・肉類をあまり食べず、野菜類もよく煮たものしか口にしなくなるため、ビタミンやミネラルなども不足しやすい。そのため、高齢者ではPEMが問題となっており、特に寝たきりの人はその割合が高い。
3. × 血清アルブミン値はPEMの診断基準として有効である。
4. × 「低栄養(エネルギーと蛋白質の欠乏)」を示す用語である。
内容提供: