看護師国家試験 模試問題 第38回

問題4 必修問題 / 必修Ⅲ / ★★★ ちょっと難しい

膵臓について正しいのはどれか。

  1. 膵臓の十二指腸側に近い部分を膵尾部という。
  2. 膵管は空腸に開いている。
  3. ランゲルハンス島細胞は外分泌腺である。
  4. 膵液はアルカリ性である。
解答を見る(下へスクロール)
正解
4
1. × 膵臓は十二指腸側に近い部分から膵頭・膵体・膵尾の部分に分けられる。
2. × 総胆管とともに十二指腸にある大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)に開く。
3. × ランゲルハンス島細胞は内分泌腺である。グルカゴンを分泌するα細胞(A細胞)と、インスリンを合成するβ細胞(B細胞)がある。
4. 膵液はアルカリ性で、これに含まれる酵素には膵アミラーゼ・膵リパーゼ・トリプシノゲン(腸管内でトリプシンになる)などがある。膵液の分泌は食後1~2分後に始まり、食後2~3時間後まで分泌量は増加するが、それ以降は減少する。
内容提供: