看護師国家試験 模試問題 第38回

問題10 一般問題 / 精神看護学 / ★★ やさしい

躁状態の患者にみられる症状はどれか。

  1. 体重増加
  2. 日内変動
  3. 易疲労性
  4. 誇大妄想
解答を見る(下へスクロール)
正解
4
1. × 躁状態では活動量が多くなり、体重は減少する。
2. × 躁状態ではなく、うつ病の特徴である。
3. × 躁状態ではなく、疲れやすくなる易疲労性はうつ状態で起こりやすい。
4. 躁状態では、自分の価値や存在を過大なものと確信する誇大妄想が生じやすい。
躁状態では、気分が高揚しているので、考えが次々と浮かび話題が変わる観念奔逸や、自信にあふれ誇大妄想的になる。また、多動・多弁、自己中心的言動を発し、家族や周りの関係者は疲弊するが、本人の疲労感はない。躁状態の看護では、不必要な刺激を遮断し、対人トラブルの回避と活動性の亢進による身体消耗に留意する。
内容提供: