看護師国家試験 模試問題 第6回

問題9 一般問題 / 健康支援と社会保障制度 / ★★ やさしい

地域支援事業における介護予防事業で適切なのはどれか。

  1. 個別指導を中心とする事業である。
  2. 生活機能評価を行い、対象者の機能低下を早期発見する。
  3. 介護保険の第1号被保険者および第2号被保険者を対象とする。
  4. 介護保険の要介護認定で非該当(自立)と判定された人は対象外である。
解答を見る(下へスクロール)
正解
2
1. × 個別的な相談にも応じるが、集団指導が中心となる。特に、一次予防事業は介護予防普及啓発事業であり、転倒予防教室などを企画し、集団指導を行う。
2. 生活機能の低下するおそれがある人を早期に発見する目的で、生活機能評価を行い、二次予防事業の対象者を把握する。
3. × 第1号被保険者が対象となる。
4. × 非該当(自立)と判定された人も介護予防事業では対象となる。
内容提供: