看護師国家試験 模試問題 第8回

問題2 必修問題 / 必修Ⅳ / ★★ やさしい

看護過程における評価について正しいのはどれか。

  1. 患者の言動から主観的に評価する。
  2. 最初に設定した評価日は変更しない。
  3. 評価に基づいて計画を修正する。
  4. 評価は目標に到達できた時点で評価する。
解答を見る(下へスクロール)
正解
3
1. × 評価は患者のその時点における様々な情報を整理し、客観的に評価するものであり、患者の言動のみでは評価しない。
2. × 患者の状態によっては適宜、評価日を見直す必要がある。
3. 評価に基づいて適宜修正していくことで、より患者のニーズに合った計画となる。
4. × 計画時に評価日を設定する。評価日の見直しは行われるが、目標到達できているかいないかも評価の対象である。
内容提供: