看護師国家試験 模試問題 第9回

問題2 必修問題 / 必修Ⅱ / ★★★ ちょっと難しい

訪問看護ステーションの利用理由で最も多いのはどれか。

  1. 悪性新生物
  2. 統合失調症
  3. 肺 炎
  4. 循環器系疾患
解答を見る(下へスクロール)
正解
4
1. × 悪性新生物は死因では第1位であるが、訪問看護ステーションの利用者全体の約7%程度となっている。医療保険の利用では10%弱、介護保険では約5%である。
2. × 統合失調症は訪問看護ステーションの利用者全体の約4%程度となっている。医療保険の利用では10%を超えているが、介護保険では利用が少ない。
3. × 肺炎は死因の第3位になっているが、訪問看護ステーションの利用は少ない。
4. 脳血管疾患を含む循環器系の疾患は訪問看護ステーションの利用者全体の約32%を占めており、最も多くなっている。医療保険ではパーキンソン病を含む神経疾患が約40%で最多となっているが、介護保険では循環器系の疾患が約40%で最も多い。
内容提供: