看護師国家試験 模試問題 第1回

問題9 一般問題(設定) / 小児看護学 / ★★ やさしい

Aちゃん(10歳、女児)は、1型糖尿病の診断で初回の入院中である。 退院に向けたインスリン自己注射に関連する指導内容で適切なのはどれか。

  1. 「注射はずっと同じ場所に打とうね」
  2. 「注射したところをよく揉んでね」
  3. 「具合が悪い時は注射しないでね」
  4. 「あくびが出たり、冷や汗が出ることがあるよ」
解答を見る(下へスクロール)
正解
4
1. × 同じ箇所に繰り返し注射していると、発赤・腫脹・硬結がみられる、注射液の吸収が悪くなったり、液が漏れることもあるため、数cm間隔をあけて部位を変える。
2. × 注射部位を揉むことで、インスリンの吸収を早めてしまうため揉まないようにする。
3. × 体調が悪い場合、自己測定した血糖値をもとに主治医の指示を仰ぐことが重要である。自己判断で中止しないなど、シックデイ対策が重要である。
4. インスリンの副作用に低血糖症状がある。小児では低血糖の影響は成人よりも強いため、早めの対処が必要となる。空腹感、冷や汗、振戦、動悸などが低血糖の症状であることを理解させる。
内容提供: