2011年(第100回) 看護師国家試験 午後

<長文問題> 次の文を読み91~93の問いに答えよ。Aさん(42歳、男性)は、統合失調症(schizophrenia)で入院中だが、3ヶ月の治療で症状が改善したため、退院することになった。Aさんは、統合失調症(schizophrenia)で数回の入院経験があるが、前回の退院後に拒薬がみられたため、今回は2週間に1回の訪問看護が計画されている。Aさんはアパートで1人で暮らしている。身体的な疾患はない。

問題91 : 退院後、看護師がAさんを訪ねると、Aさんは耳栓をしていた。アパートは静かな住宅地にあり、看護師には特に騒音は聞こえない。看護師が「どうしましたか」と尋ねると、Aさんは「大勢の人が大声でしゃべるからうるさくてしょうがないんだよ」と言う。看護師の対応で適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 「本当にうるさいですね」
  • 2. 「お薬は飲んでいますか」
  • 3. 「そんな声は気のせいですよ」
  • 4. 「苦情をいったらどうですか」
  • 5. 「どんなことが聞こえますか」

<長文問題> 次の文を読み91~93の問いに答えよ。Aさん(42歳、男性)は、統合失調症(schizophrenia)で入院中だが、3ヶ月の治療で症状が改善したため、退院することになった。Aさんは、統合失調症(schizophrenia)で数回の入院経験があるが、前回の退院後に拒薬がみられたため、今回は2週間に1回の訪問看護が計画されている。Aさんはアパートで1人で暮らしている。身体的な疾患はない。

問題92 : ある日、看護師が訪問時刻に遅れてしまったが、Aさんは電話の設置をいやがっていたため、連絡がとれなかった。看護師が15分遅れでAさんの家に到着し、すぐに謝ったが、Aさんは「バカにしているなら帰れ」と怒鳴った。看護師の対応で適切なのはどれか。

  • 1. 電話を設置してほしいと依頼する。
  • 2. そんなに怒らなくてもよいと話す。
  • 3. Aさんを心配していることを伝える。
  • 4. 遅刻の話題には触れず、訪問活動を続ける。

<長文問題> 次の文を読み91~93の問いに答えよ。Aさん(42歳、男性)は、統合失調症(schizophrenia)で入院中だが、3ヶ月の治療で症状が改善したため、退院することになった。Aさんは、統合失調症(schizophrenia)で数回の入院経験があるが、前回の退院後に拒薬がみられたため、今回は2週間に1回の訪問看護が計画されている。Aさんはアパートで1人で暮らしている。身体的な疾患はない。

問題93 : 訪問時、ごみ箱に多くの内服薬が捨てられていた。Aさんは「その薬は飲んではいけないとみんなが言うし、飲むと体がだるくなるので飲みたくない」と言う。看護師の対応で適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 「そんなはずはありませんよ」
  • 2. 「しばらく内服を休みましょう」
  • 3. 「服薬チェック表を使ってみましょう」
  • 4. 「薬を飲んだ後の症状を聞かせてください」
  • 5. 「薬の内容について主治医に相談してみませんか」

<長文問題> 次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(55歳、男性)は、仕事中に胸痛発作に襲われ、急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)で緊急入院した。入院直後に、経皮的冠状動脈形成術〈PTCA〉を受けた。

問題94 : 入院翌日、Aさんは「昨日は、痛みが強くて医師の説明がよくわからなかった。僕はどんな手術をしたのでしょうか」と看護師に尋ねた。経皮的冠状動脈形成術〈PTCA〉の説明で適切なのはどれか。

  • 1. 「詰まっていた血管を風船で拡げました」
  • 2. 「血管に詰まっていた血栓を吸引しました」
  • 3. 「足の血管の一部を心臓の血管に移植しました」
  • 4. 「血管に詰まっていた血栓を薬で溶かしました」

<長文問題> 次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(55歳、男性)は、仕事中に胸痛発作に襲われ、急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)で緊急入院した。入院直後に、経皮的冠状動脈形成術〈PTCA〉を受けた。

問題95 : Aさんは順調に回復し、入院5日目には心臓リハビリテーションの計画に沿って、病棟内のトイレまで歩行ができるようになった。Aさんは「さっきはトイレに行ってきたけれど、調子が良いから中庭を散歩しても大丈夫ですか」と笑顔で尋ねた。その日のAさんの状態は、体温36.6度、呼吸数18/分、脈拍84/分、血圧134/84mmHGであった。Aさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。

  • 1. 調子が良いなら大丈夫だと話す。
  • 2. 脈拍が90/分になるくらいのスピードで歩くよう指導する。
  • 3. 心電図モニターの電波が届かない中庭には行けないと話す。
  • 4. 歩行範囲は計画に沿って拡大していく必要があることを説明する。

<長文問題> 次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(55歳、男性)は、仕事中に胸痛発作に襲われ、急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)で緊急入院した。入院直後に、経皮的冠状動脈形成術〈PTCA〉を受けた。

問題96 : 看護師がAさんに心筋梗塞(myocardial infarction)の再発作の予防について説明した。Aさんは「左胸が痛くならなければ大丈夫なんですか」と尋ねた。胸痛以外の発作の兆候の説明として適切なのはどれか。

  • 1. 羞 明
  • 2. 背部痛
  • 3. 乾性咳嗽
  • 4. 出血傾向

<長文問題> 次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aさん(60歳、女性)は、身長155cm、体重70kgである。エレベータがあるマンションの4階に住んでいる。左膝の痛みが徐々に増強し、趣味の茶道での正座や和式トイレの使用が困難になった。Aさんは変形性膝関節症(osteoarthritis of the knee)と診断され入院した。左膝の人工膝関節全置換術を受け、術後経過は順調である。

問題97 : Aさんの関節可動域訓練が開始された。Aさんは「痛いし、動かすと傷が開きそうで怖い」と話している。Aさんへの看護で最も適切なのはどれか。

  • 1. 怖いことは何もないと伝える。
  • 2. 創部が開くことはないと伝える。
  • 3. 怖いという気持ちを尊重して訓練を延期する。
  • 4. 訓練は無理のない範囲から徐々に開始されることを伝える。

<長文問題> 次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aさん(60歳、女性)は、身長155cm、体重70kgである。エレベータがあるマンションの4階に住んでいる。左膝の痛みが徐々に増強し、趣味の茶道での正座や和式トイレの使用が困難になった。Aさんは変形性膝関節症(osteoarthritis of the knee)と診断され入院した。左膝の人工膝関節全置換術を受け、術後経過は順調である。

問題98 : AさんはT字杖での三点歩行を開始することになった。AさんはT字杖を右手に持っている。三点歩行の指導で適切なのはどれか。

  • 1. まず杖と右足を同時に出して、次に左足を出す。
  • 2. まず杖と左足を同時に出して、次に右足を出す。
  • 3. 杖をついた後で、右足を出し、次に左足を出す。
  • 4. 杖をついた後で、左足を出し、次に右足を出す。

<長文問題> 次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aさん(60歳、女性)は、身長155cm、体重70kgである。エレベータがあるマンションの4階に住んでいる。左膝の痛みが徐々に増強し、趣味の茶道での正座や和式トイレの使用が困難になった。Aさんは変形性膝関節症(osteoarthritis of the knee)と診断され入院した。左膝の人工膝関節全置換術を受け、術後経過は順調である。

問題99 : Aさんの退院後の生活の指導で適切なのはどれか。

  • 1. 「正座は避けてください」
  • 2. 「和式トイレが使えます」
  • 3. 「なるべく階段を使いましょう」
  • 4. 「ベッドではなく、畳に布団を敷いて寝ましょう」

<長文問題> 次の文を読み100~102の問いに答えよ。Aさん(74歳、男性)は、強い下腹部痛のため救急車で搬入された。Aさんは顔面蒼白で、冷汗をかき、腹部を押さえている。一緒に来た妻は、「夫はいつも尿が出にくい。夜は、3回はトイレに行くのに、昨夜は行かなかった。今朝もポタポタとしか出なかった。便秘はしていない」と話した。Aさんは4年前に脳梗塞(cerebral infarction)になり、重い構音障害があるが理解力に問題はなく、身の回りのことは全部自分でできている。搬入時のAさんは、看護師と視線を合わせることができ、問いかけにはうなずきで答えている。

問題100 : Aさんに直ちに行うべき処置はどれか。

  • 1. 導 尿
  • 2. 摘 便
  • 3. 膀胱瘻の造設
  • 4. 利尿薬の投与

<長文問題> 次の文を読み100~102の問いに答えよ。Aさん(74歳、男性)は、強い下腹部痛のため救急車で搬入された。Aさんは顔面蒼白で、冷汗をかき、腹部を押さえている。一緒に来た妻は、「夫はいつも尿が出にくい。夜は、3回はトイレに行くのに、昨夜は行かなかった。今朝もポタポタとしか出なかった。便秘はしていない」と話した。Aさんは4年前に脳梗塞(cerebral infarction)になり、重い構音障害があるが理解力に問題はなく、身の回りのことは全部自分でできている。搬入時のAさんは、看護師と視線を合わせることができ、問いかけにはうなずきで答えている。

問題101 : 処置を終えたAさんは、治療のため入院した。Aさんとコミュニケーションをとるうえで適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 筆談用の文房具を準備する。
  • 2. 理解を助ける絵カードを準備する。
  • 3. 構音の間違いを直して練習させる。
  • 4. 補聴器や眼鏡の使用状況を妻に確認する。
  • 5. 問いかけはopen-ended question〈開かれた質問〉にする。

<長文問題> 次の文を読み100~102の問いに答えよ。Aさん(74歳、男性)は、強い下腹部痛のため救急車で搬入された。Aさんは顔面蒼白で、冷汗をかき、腹部を押さえている。一緒に来た妻は、「夫はいつも尿が出にくい。夜は、3回はトイレに行くのに、昨夜は行かなかった。今朝もポタポタとしか出なかった。便秘はしていない」と話した。Aさんは4年前に脳梗塞(cerebral infarction)になり、重い構音障害があるが理解力に問題はなく、身の回りのことは全部自分でできている。搬入時のAさんは、看護師と視線を合わせることができ、問いかけにはうなずきで答えている。

問題102 : Aさんは、治療後、自力排尿が可能となったが、トイレまで間に合わずに少量の尿失禁を繰り返している。Aさんはトイレで排尿することを強く希望している。Aさんへの看護師の対応として最も適切なのはどれか。

  • 1. トイレに近い病室に移動する。
  • 2. 水分の摂取を控えるよう説明する。
  • 3. できるだけ尿意を我慢するように言う。
  • 4. 尿意はなくても、4時間ごとにトイレに行くよう勧める。

<長文問題> 次の文を読み103~105の問いに答えよ。Aさん(80歳、女性)は、数年前から腰痛に悩まされ、腰部脊柱管狭窄症(lumbar spinal canal stenosis)と診断されている。他に疾患はない。ADLは自立しているが、歩くと腰が痛むため活動は控えがちである。Aさんは夫と死別して1人で暮らしている。娘が1人いるが子育てのため、娘は毎日は手伝いに来られない。

問題103 : Aさんにみられるその他の症状として可能性が高いのはどれか。

  • 1. 突進歩行
  • 2. 間欠跛行
  • 3. 膝蓋腱反射の亢進
  • 4. 膝関節の可動域制限

<長文問題> 次の文を読み103~105の問いに答えよ。Aさん(80歳、女性)は、数年前から腰痛に悩まされ、腰部脊柱管狭窄症(lumbar spinal canal stenosis)と診断されている。他に疾患はない。ADLは自立しているが、歩くと腰が痛むため活動は控えがちである。Aさんは夫と死別して1人で暮らしている。娘が1人いるが子育てのため、娘は毎日は手伝いに来られない。

問題104 : Aさんは腰痛が激しくなり、娘と一緒に受診した。痛みを起こさないための指導で適切なのはどれか。

  • 1. 「腰をひねる運動が効果的です」
  • 2. 「しゃがむときは、腰を曲げずに膝を曲げましょう」
  • 3. 「物を持ち上げるときは、体から話して持ち上げましょう」
  • 4. 「ベッドから起きあがるときは、まずあお向けになりましょう」

<長文問題> 次の文を読み103~105の問いに答えよ。Aさん(80歳、女性)は、数年前から腰痛に悩まされ、腰部脊柱管狭窄症(lumbar spinal canal stenosis)と診断されている。他に疾患はない。ADLは自立しているが、歩くと腰が痛むため活動は控えがちである。Aさんは夫と死別して1人で暮らしている。娘が1人いるが子育てのため、娘は毎日は手伝いに来られない。

問題105 : Aさんの腰痛は治療で改善し、外出や家事もできるようになった。Aさんの娘から「母ができるだけ自立して暮らし続けられるように、今何をしたらよいでしょうか」と外来看護師に相談があった。Aさんの娘への外来看護師の助言で適切なのはどれか。

  • 1. 「娘さんが、毎日様子を見に来られてはいかがですか」
  • 2. 「車椅子が使えるように住宅を改修してはいかがですか」
  • 3. 「Aさんがなるべく外で楽しめる機会を持つといいですよ」
  • 4. 「家政婦さんを雇って、家事を手伝ってもらうといいですよ」