2012年(第101回) 看護師国家試験 午後

<長文問題> 次の文を読み91〜93の問いに答えよ。Aさん(52歳、女性は未婚で1人暮らしである。近くに親戚はいない。物が握りにくい、細かい作業ができないという症状があり、精密検査のため入院したところ、筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis)〈ALS〉と診断された。

問題91 : Aさんは、球麻痺症状はなく、上肢の運動障害があるが、歩行は自立しいている。退院調整看護師が病室で面談したところ「これからどのようになっていくのか分からない」と不安そうに訴えた。Aさんは在宅サービスの必要性を感じていなかったが、退院調整看護師は訪問看護の利用を勧め、Aさんは同意した。訪問看護に依頼する内容で、優先度が高いのはどれか。

  • 1. 入浴の介助
  • 2. 疾病受容の支援
  • 3. 呼吸機能の評価
  • 4. 上肢のリハビリテーション

<長文問題> 次の文を読み91〜93の問いに答えよ。Aさん(52歳、女性は未婚で1人暮らしである。近くに親戚はいない。物が握りにくい、細かい作業ができないという症状があり、精密検査のため入院したところ、筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis)〈ALS〉と診断された。

問題93 : 球麻痺症状が進行したため、経腸経管栄養導入を目的に入院し、胃瘻を造設した。Aさんは、自分で胃瘻管理ができる間は、自宅で療養したいと強く希望した。Aさんも同席した上で、主治医、病棟看護師、理学療法士、退院調整看護師、介護支援専門員および訪問看護師がカンファレンスを行うことになった。病棟看護師がカンファレンスで提供する情報として最も重要なのはどれか。

  • 1. 入院中の治療の経過
  • 2. 胃瘻管理の指導内容
  • 3. 利用可能な在宅サービス
  • 4. リハビリテーションの状況

<長文問題> 次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(52歳、男性)は、2か月で体重が7kg減少した。2か月前から食事のつかえ感があるため受診した。検査の結果、胸部食道癌(thoracic esophageal cancer)と診断され、手術目的で入院した。

問題94 : 入院時の検査データは、Hb 9.5g/dl、血清総蛋白5.4g/dl、アルブミン 2.5g/dl、AST24 IU/l、ALT25 IU/l、γ-GTP 38 IU/l、尿素窒素 18 mg/dl、クレアチニン 0.7 mg/dl、プロトロンビン時間82%(基準80〜120)であった。Aさんの状況で術後合併症のリスクとなるのはどれか。

  • 1. 出血傾向
  • 2. 腎機能障害
  • 3. 低栄養状態
  • 4. 肝機能障害

<長文問題> 次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(52歳、男性)は、2か月で体重が7kg減少した。2か月前から食事のつかえ感があるため受診した。検査の結果、胸部食道癌(thoracic esophageal cancer)と診断され、手術目的で入院した。

問題95 : 右開胸開腹胸部食道全摘術と胃を用いた食道再建術とが行われた。術後、人工呼吸器が装着され、術後2日目の朝に気管チューブを抜管し、順調に経過していたが、術後3日目に左下葉の無気肺(atelectasis)となった。Aさんは痰を喀出する際に痛そうな表情をするが「痛み止めはなるべく使いたくない。我慢できるから大丈夫」と話す。無気肺(atelectasis)を改善するために適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 離床を促す。
  • 2. 胸式呼吸を勧める。
  • 3. 左側臥位を勧める。
  • 4. 鎮痛薬の使用を勧める。
  • 5. 胸腔ドレーンをクランプする。

<長文問題> 次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(52歳、男性)は、2か月で体重が7kg減少した。2か月前から食事のつかえ感があるため受診した。検査の結果、胸部食道癌(thoracic esophageal cancer)と診断され、手術目的で入院した。

問題96 : その後、順調に回復し、術後3週目に退院する予定となった。退院後の食事の指導で適切なのはどれか。

  • 1. 「蛋白質を控えた食事にしてください」
  • 2. 「食事は1日3回にしてください」
  • 3. 「食事は時間をかけて食べてください」
  • 4. 「食事の前にコップ1杯の水分を摂るようにしてください」
  • 5. 「食後は横になって過ごしてください」

<長文問題> 次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aさん(59歳、女性)は午前2時ころにバットで殴られたような激しい頭痛を自覚し、嘔吐した。午前4時、Aさんは、頭痛を我慢できなくなったために、家族に付き添われて救急搬送され、緊急入院した。入院時、ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉Ⅰ- 1、四肢の麻痺を認めない。

問題97 : Aさんはくも膜下出血(subarachnoid hemorrhage)と診断された。再出血を防ぐためのケアで適切なのはどれか。

  • 1. 深呼吸を促す。
  • 2. 起坐位とする。
  • 3. 病室を薄暗くする。
  • 4. 頭部を氷枕で冷やす。

<長文問題> 次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aさん(59歳、女性)は午前2時ころにバットで殴られたような激しい頭痛を自覚し、嘔吐した。午前4時、Aさんは、頭痛を我慢できなくなったために、家族に付き添われて救急搬送され、緊急入院した。入院時、ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉Ⅰ- 1、四肢の麻痺を認めない。

問題98 : Aさんは、入院後に緊急開頭術を受けることになった。手術を受けるまでの看護で適切なのはどれか。

  • 1. 浣腸を行う。
  • 2. 排痰法の練習を勧める。
  • 3. テタニー徴候を観察する。
  • 4. 不整脈(arrhythmia)の出現に注意する。

<長文問題> 次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aさん(59歳、女性)は午前2時ころにバットで殴られたような激しい頭痛を自覚し、嘔吐した。午前4時、Aさんは、頭痛を我慢できなくなったために、家族に付き添われて救急搬送され、緊急入院した。入院時、ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉Ⅰ- 1、四肢の麻痺を認めない。

問題99 : 開頭術後24時間が経過した。JCSⅠ- 2。体温37.5度。脈拍88/分、血圧138/84mmHg。呼吸数18/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉 98%(酸素吸入3l/分)。脳室ドレナージが行われている。Aさんへの看護で適切なのはどれか。

  • 1. 両腋窩を冷やす。
  • 2. 酸素吸入を中止する。
  • 3. 起き上がらないように説明する。
  • 4. 痛み刺激を与えて意識レベルを確認する。

<長文問題> 次の文を読み100~102の問いに答えよ。Aさん(82歳、男性)は、4年前にAlzheimer(アルツハイマー)型認知症(dementia of Alzheimer type)の診断を受けた。要介護4で、1年前からグループホームで生活している。高血圧症(hypertension)に対して持続性カルシウム拮抗薬を内服している。他に治療を必要とする疾患は認められない。1週前から夜はほとんど眠らず、居間のソファに腰かけたり、歩き回ったりする状態が続いている。昼間もベッドに横になることはない。食欲が低下してきたが、先月よりも体重は2kg増加している。

問題100 : Aさんは廊下でうずくまっているところを発見された。肩呼吸をしており、四肢に冷感があり下肢の浮腫が強い。体温36.1 度、脈拍120/分、血圧86/50 mmHg、呼吸数40/分であった。Aさんの状態で最も考えられるのはどれか。

  • 1. 心不全(heart failure)
  • 2. 上気道感染(upper respiratory)
  • 3. 狭心症発作(angina pectoris)
  • 4. 閉塞性呼吸障害(obstructive repiratory disorder)

<長文問題> 次の文を読み100~102の問いに答えよ。Aさん(82歳、男性)は、4年前にAlzheimer(アルツハイマー)型認知症(dementia of Alzheimer type)の診断を受けた。要介護4で、1年前からグループホームで生活している。高血圧症(hypertension)に対して持続性カルシウム拮抗薬を内服している。他に治療を必要とする疾患は認められない。1週前から夜はほとんど眠らず、居間のソファに腰かけたり、歩き回ったりする状態が続いている。昼間もベッドに横になることはない。食欲が低下してきたが、先月よりも体重は2kg増加している。

問題101 : Aさんは直ちに救急車で病院に搬送され、治療を受けて症状は軽快した。入院後 週が経過し、尿量が確保されていることを確認したため、入院直後から挿入していた膀胱留置カテーテルを抜去した。抜去3時間後、Aさんはグループホームの職員の名前を大声で呼び始めたため、病棟看護師が病室に行ってみると、Aさんはオムツを外して失禁していた。Aさんへの援助で適切なのはどれか。

  • 1. 鎮静薬の使用を検討する。
  • 2. 膀胱留置カテーテルを再度挿入する。
  • 3. 排尿記録をつけ排尿パターンを把握する。
  • 4. グループホームの職員に付き添いを依頼する。

<長文問題> 次の文を読み100~102の問いに答えよ。Aさん(82歳、男性)は、4年前にAlzheimer(アルツハイマー)型認知症(dementia of Alzheimer type)の診断を受けた。要介護4で、1年前からグループホームで生活している。高血圧症(hypertension)に対して持続性カルシウム拮抗薬を内服している。他に治療を必要とする疾患は認められない。1週前から夜はほとんど眠らず、居間のソファに腰かけたり、歩き回ったりする状態が続いている。昼間もベッドに横になることはない。食欲が低下してきたが、先月よりも体重は2kg増加している。

問題102 : Aさんは症状が改善し、退院することになった。病棟看護師がグループホームの職員と家族とに指導すべき内容として最も適切なのはどれか。

  • 1. 「深呼吸を練習させてください」
  • 2. 「足のむくみを観察してください」
  • 3. 「蛋白質の少ない食事にしてください」
  • 4. 「水分を1日1500ml以上摂(と)らせてください」

<長文問題> 次の文を読み103~105の問いに答えよ。Aさん(99歳、女性)は、特別養護老人ホームに入所している。脳卒中(stroke)の後遺症で左片麻痺がある。肺炎(pneumonia)をきっかけに寝たきりになり、食事摂取量が低下した。Aさんは「私はここで最期を迎えたい。痛い思いはしたくない。死ぬときは苦しまないようにしてもらいたい」と何度も話すようになった。娘夫婦と孫とが頻繁に面会に来ている。医師が家族に回復の見込みが低いことを伝え、家族は特別養護老人ホームでの看取りに同意した。

問題103 : Aさんは「1人で死ぬのは寂しい」と看護師に話した。看護師の対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「死ぬときは苦しくないようですよ」
  • 2. 「Aさんは十分頑張ってきましたね」
  • 3. 「できるだけAさんのそばにいますよ」
  • 4. 「そんなことを言うとご家族が心配しますよ」

<長文問題> 次の文を読み103~105の問いに答えよ。Aさん(99歳、女性)は、特別養護老人ホームに入所している。脳卒中(stroke)の後遺症で左片麻痺がある。肺炎(pneumonia)をきっかけに寝たきりになり、食事摂取量が低下した。Aさんは「私はここで最期を迎えたい。痛い思いはしたくない。死ぬときは苦しまないようにしてもらいたい」と何度も話すようになった。娘夫婦と孫とが頻繁に面会に来ている。医師が家族に回復の見込みが低いことを伝え、家族は特別養護老人ホームでの看取りに同意した。

問題104 : Aさんはほとんど食事を摂らなくなり、尿量も減少してきた。自発的な動きが減少し、傾眠状態となった。Aさんの家族への看護師の対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「状態が不安定なのでケアは職員で行いますね」
  • 2. 「これからはご家族が目を離さないでくださいね」
  • 3. 「刺激せず、なるべくそっとしておいてくださいね」
  • 4. 「これからの経過について説明しますね」

<長文問題> 次の文を読み103~105の問いに答えよ。Aさん(99歳、女性)は、特別養護老人ホームに入所している。脳卒中(stroke)の後遺症で左片麻痺がある。肺炎(pneumonia)をきっかけに寝たきりになり、食事摂取量が低下した。Aさんは「私はここで最期を迎えたい。痛い思いはしたくない。死ぬときは苦しまないようにしてもらいたい」と何度も話すようになった。娘夫婦と孫とが頻繁に面会に来ている。医師が家族に回復の見込みが低いことを伝え、家族は特別養護老人ホームでの看取りに同意した。

問題105 : Aさんは深い昏睡の状態になり、四肢の冷感、チアノーゼ及び下顎呼吸が出現してきた。痰は絡んでいない。医師は付き添っていた家族にAさんの死が近いことを告げた。Aさんへの看護師の対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 見守る。
  • 2. 下肢を挙上する。
  • 3. 酸素吸入をする。
  • 4. 気管内吸引をする。

<長文問題> 次の文を読み106~108の問いに答えよ。Aちゃん(2歳10か月)は、両親と生後3か月の妹と4人で暮らしている。Aちゃんは、6日前に発熱および不定形の発疹が腹部と背部とに出現した。解熱薬の使用によって、体温は一時的に低下したが、再び上昇したので受診した。受診時、口唇の充血と乾燥とが著明で、眼球結膜の充血と四肢の硬性浮腫とがみられた。受診時の血液検査の結果は、CRP 15.7 mg/dl、AST〈GOT〉22 IU/l、ALT〈GPT〉54 IU/lであった。Aちゃんは川崎病(Kawasaki disease)と診断され、入院した。アスピリンの内服とγ-グロブリンの点滴静脈内注射とが開始された。

問題106 : 入院時のAちゃんへの看護で適切なのはどれか。

  • 1. 歩行を禁止する。
  • 2. 高エネルギー食とする。
  • 3. 弾性包帯で下肢を圧迫する。
  • 4. アナフィラキシー様症状に注意する。