2013年(第102回) 看護師国家試験 午前

問題1 : 日本の平成 22年(2010年)における総人口に最も近いのはどれか

  • 1. 1億人
  • 2. 1億人3千万人
  • 3. 1億6千万人
  • 4. 1億9千万人

問題2 : 飲酒に起因する健康障害はどれか。

  • 1. 肝硬変(cirrhosis)
  • 2. 膠原病(collagen disease)
  • 3. メニエール病(Meniere’s disease)
  • 4. パーキンソン病(Parkinson’s disease)

問題3 : 日本において国民皆保険制度が適用されているのはどれか。

  • 1. 医療保険
  • 2. 介護保険
  • 3. 火災保険
  • 4. 生命保険

問題4 : ヘルシンキ宣言で提唱されたのはどれか。

  • 1. リビングウィル
  • 2. ヘルスプロモーション
  • 3. ノーマライゼーション
  • 4. インフォームド・コンセント

問題5 : 新たに業務に従事する看護師に対する臨床研修実施の努力義務が規定されているのはどれか。

  • 1. 医療法
  • 2. 学校教育法
  • 3. 看護師等の人材確保の促進に関する法律
  • 4. 保健師助産師看護師学校養成所指定規則

問題6 : Down〈ダウン〉症候群(Down’s syndrome)を生じるのはどれか。

  • 1. 13 トリソミー
  • 2. 18 トリソミー
  • 3. 21 トリソミー
  • 4. 性染色体異常

問題7 : 乳歯がすべて生えそろったときの本数はどれか。

  • 1. 16本
  • 2. 20本
  • 3. 24本
  • 4. 28 本

問題8 : 日本における平成21年(2009年)の5~9歳の子どもの死因で最も多いのはどれか。

  • 1. 肺炎(pneumonia)
  • 2. 心疾患(heart disease)
  • 3. 不慮の事故(accidents)
  • 4. 悪性新生物(malignant neoplasm)

問題9 : 成人期において基礎代謝量が最も多い時期はどれか。

  • 1. 青年期
  • 2. 壮年前期
  • 3. 壮年後期
  • 4. 向老期

問題10 : 医療法において、病院とは○○人以上の患者を入院させるための施設を有するものと規定されている。

  • 1. 10
  • 2. 20
  • 3. 50
  • 4. 100

問題11 : 分娩第2期はどれか。

  • 1. 陣痛開始から子宮口全開大まで
  • 2. 排臨から発露まで
  • 3. 子宮口全開大から胎児娩出まで
  • 4. 胎児娩出から胎盤娩出まで

問題12 : チアノーゼの際の皮膚の色に最も近いのはどれか。

  • 1.
  • 2.
  • 3.
  • 4.

問題13 : サーカディアンリズムの周期はどれか。

  • 1. 約8時間
  • 2. 約12時間
  • 3. 約24時間
  • 4. 約48時間

問題14 : 前立腺癌(prostate cancer)に特徴的な腫瘍マーカーはどれか。

  • 1. AFP
  • 2. CA19-9
  • 3. CEA
  • 4. PSA

問題15 : メチシリン耐性黄色ブドウ球菌〈MRSA〉に有効な薬はどれか。

  • 1. バンコマイシン塩酸塩
  • 2. セファゾリンナトリウム
  • 3. ストレプトマイシン硫酸塩
  • 4. ベンジルペニシリンカリウム