2014年(第103回) 看護師国家試験 午前

問題31 : 味覚障害の原因となるのはどれか。

  • 1. 亜鉛欠乏
  • 2. リン欠乏
  • 3. カリウム欠乏
  • 4. マグネシウム欠乏

問題32 : 間欠性跛行が出現するのはどれか。

  • 1. 動脈塞栓症 (arterial embolism)
  • 2. 血栓性静脈炎 (thrombophlebitis)
  • 3. 深部静脈血栓症 (deep vein thrombosis)
  • 4. 閉塞性動脈硬化症 (arteriosclerosis obliterans)

問題33 : 胃癌(gastric cancer)についての組合せで正しいのはどれか。

  • 1. 腎臓転移 Wilms〈ウィルムス〉腫瘍
  • 2. 肝臓転移 Schnitzler〈シュニッツラー〉転移
  • 3. 卵巣転移 Krukenberg〈クルッケンベルグ〉腫瘍
  • 4. 胃周囲リンパ節転移 Virchow〈ウィルヒョウ〉転移

問題34 : 腎盂腎炎(pyelonephritis)について正しいのはどれか。

  • 1. 両腎性である。
  • 2. 初尿を用いて細菌培養を行う。
  • 3. 肋骨脊柱角の叩打痛が特徴である。
  • 4. 原因菌は Gram〈グラム〉陽性球菌が多い。

問題35 : 介護保険の第 1号被保険者について正しいのはどれか。

  • 1. 予防給付対象者は要介護 1である。
  • 2. 保険料は所得段階別の定額である。
  • 3. 医療保険者が保険料を徴収する。
  • 4. 対象は 60歳以上である。

問題36 : 平成 21年(2009年)健やか親子21の第2回中間評価において、今後5年間で重点的に推進するとされたのはどれか。

  • 1. 子どもの心の問題への取り組みの強化
  • 2. 低出生体重児の養育支援の強化
  • 3. へき地医療を担う人材の確保
  • 4. 障害の早期発見の強化

問題37 : 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に基づく入院形態でないのはどれか。

  • 1. 任意入院
  • 2. 応急入院
  • 3. 勧告入院
  • 4. 医療保護入院

問題38 : 救急医療体制とその内容の組合せで正しいのはどれか。

  • 1. 初期救急医療体制 休日・夜間急患センター
  • 2. 第 2次救急医療体制 高度の診療機能を持つ 24時間救命救急センター
  • 3. 第 3次救急医療体制 在宅当番医
  • 4. 広域救急患者搬送体制 へき地巡回診療車

問題39 : クリティカルシンキングで適切なのはどれか。

  • 1. 直観的アプローチである。
  • 2. 主観的情報を重視した考え方である。
  • 3. 物事を否定的にみる思考過程である。
  • 4. 根拠を持ち実践することを可能にする。

問題40 : 立位の腹部エックス線写真を下に示す。この状態で出現している所見はどれか。

問題40の画像
  • 1. 体液波動
  • 2. 皮膚線条
  • 3. 腹部膨満
  • 4. 皮下静脈の怒張

問題41 : 無菌室で使用する物品とその滅菌方法の組合せで適切なのはどれか。

  • 1. ビニール袋に入った菓子 酸化エチレンガス滅菌
  • 2. ステンレス製のスプーン 高圧蒸気滅菌
  • 3. プラスチック製の箸 乾熱滅菌
  • 4. 紙製の絵本 低温プラズマ滅菌

問題42 : 看護師の作業時の姿勢と作業台を図に示す。腰部の負担が最も小さいのはどれか。

問題42の画像
  • 1. 1
  • 2. 2
  • 3. 3
  • 4. 4

問題43 : 前腕の動きを肩部上方から撮影した写真を下に示す。前腕の回外を示すのはどれか。

問題43の画像
  • 1. 1
  • 2. 2
  • 3. 3
  • 4. 4

問題44 : 胸壁を呼気時に圧迫して気道分泌物の移動を促す手技はどれか。

  • 1. 振動法
  • 2. 咳嗽誘発法
  • 3. スクイージング
  • 4. 用手的呼吸介助法

問題45 : 創傷の治癒過程における増殖期の状態はどれか。

  • 1. コラーゲンが成熟する。
  • 2. 基底細胞が創面を覆い始める。
  • 3. 血管内皮細胞が新しい血管を形成する。
  • 4. マクロファージによって創内の細菌が排除される。