2014年(第103回) 看護師国家試験 午前

問題61 : 小児の睡眠の特徴で正しいのはどれか。

  • 1. 新生児の全睡眠におけるレム睡眠の割合は約 50%である。
  • 2. 乳児の睡眠は単相性である。
  • 3. 成長に伴いレム睡眠が増加する。
  • 4. 10歳ころから成人と同じ睡眠覚醒リズムになる。

問題62 : 小児の一次救命処置において推奨される胸骨圧迫の速さ(回数)はどれか。

  • 1. 少なくとも約 80回/分
  • 2. 少なくとも約 100回/分
  • 3. 少なくとも約 120回/分
  • 4. 少なくとも約 140回/分

問題63 : 若年性特発性関節炎 (juvenile idiopathic arthritis) で入院している子どもの看護で適切なのはどれか。

  • 1. 発疹が出現している間は隔離する。
  • 2. Raynaud〈レイノー〉現象の観察をする。
  • 3. 強い関節痛があるときは局部を安静に保つ。
  • 4. 朝のこわばりのある関節部位に冷湿布を貼用する。

問題64 : 妊娠期の不快症状と予防の組合せで適切なのはどれか。

  • 1. 下肢のけいれん 葉酸の摂取
  • 2. つわり においの強い食事の摂取
  • 3. 便 秘 緩下薬の服用
  • 4. 腰痛 硬めのマットレス使用

問題65 : 正常の分娩経過で正しいのはどれか。

  • 1. 分娩開始は、陣痛が 15分間隔に起こった時点とする。
  • 2. 発露は、胎児先進部が陰裂間に常に見えている状態である。
  • 3. 分娩第 2期は、破水から胎児が娩出するまでの期間である。
  • 4. 分娩第 4期は、胎盤娩出から会陰縫合術の終了までの期間である。

問題66 : 成乳と比較した初乳の特徴で正しいのはどれか。

  • 1. ラクトアルブミンが少ない。
  • 2. IgAの含有量が多い。
  • 3. 粘稠度が低い。
  • 4. 乳糖が多い。

問題67 : Aさんは妊娠 28週で子宮内胎児死亡のため死児を出産した。翌日、児との面会で、Aさんは「ごめんね」と言い、身動きせずにじっと児を見つめていた。 Aさんへの看護師の対応で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「つらいですよね」
  • 2. 「早く忘れましょう」
  • 3. 「元気を出してください」
  • 4. 「次の妊娠について考えましょう」

問題68 : 知覚障害はどれか。

  • 1. 幻 味
  • 2. 離人症
  • 3. 注察妄想
  • 4. 観念奔逸

問題69 : 認知行動療法で最も期待される効果はどれか。

  • 1. 過去の心的外傷に気付く。
  • 2. 薬物療法についての理解が深まる。
  • 3. 物事の捉え方のゆがみが修正される。
  • 4. 自分で緊張を和らげることができるようになる。

問題70 : 精神科デイケアの目的はどれか。

  • 1. 陽性症状を鎮静化する。
  • 2. 社会生活機能を回復する。
  • 3. 家族の疾病理解を深める。
  • 4. 単身で生活できるようにする。

問題71 : 現在の日本の精神医療について正しいのはどれか。

  • 1. 精神及び行動の障害で入院した患者で最も多いのはうつ病 (depression) である。
  • 2. 人口当たりの精神病床数は OECD加盟国の中では低い水準である。
  • 3. 各都道府県及び政令指定都市に精神保健福祉センターが設置されている。
  • 4. 精神障害者保健福祉手帳制度によって外来通院の医療費の給付が行われる。

問題72 : Aさん(75歳、男性)は、脳梗塞後遺症による右半身不全麻痺がある。妻と 2人で暮らしている。 Aさんは要介護 3で、訪問介護と通所介護のサービスを利用している。今回、Aさんは誤嚥性肺炎 (aspiration pneumonia) で入院し、退院後に訪問看護が導入された。 訪問看護師と介護支援専門員が連携して行う内容で優先度が高いのはどれか。

  • 1. 住宅改修の検討
  • 2. Aさんの妻の介護負担の把握
  • 3. 肺炎予防に必要なケアの提供
  • 4. 訪問介護による生活援助内容の確認

問題73 : 訪問看護に関する制度について正しいのはどれか。

  • 1. 平成 12年(2000年)に老人訪問看護制度が創設された。
  • 2. サービスを開始するときに書面による契約は不要である。
  • 3. 訪問看護ステーションの管理者は医師もしくは看護師と定められている。
  • 4. 介護保険法に基づく訪問看護ステーションの開設には都道府県の指定が必要である。

問題74 : Aさん(70歳、男性)は、肺癌 (lung cancer) で骨転移がある。現在、Aさんは入院中であるが、 積極的な治療は望まず「家で静かに暮らしたい」と在宅療養を希望し、 24時間体制の訪問看護を利用する予定である。介護者である Aさんの妻と長男夫婦は「不安はあるが本人の希望をかなえたい」と話している。退院前に、訪問看護師が行う Aさんの家族への支援で優先度が高いのはどれか。

  • 1. 訪問介護の利用を勧める。
  • 2. 家族全員の看取りの意思確認をする。
  • 3. 退院後の処置を習得するよう指導する。
  • 4. 相談にいつでも対応することを伝える。

問題75 : Aさん(45歳、女性)は、筋萎縮性側索硬化症〈ALS〉(amyotrophic lateral sclerosis)のため自宅で療養中である。 Aさんは球麻痺症状が出現したため、経口摂取に加え、胃瘻による経管経腸栄養管理が開始された。Aさんは球麻痺症状が出現したため、経口摂取に加え、胃瘻による経管経腸栄養管理が開始された。訪問看護師が行うAさんと Aさんの家族への指導で適切なのはどれか。

  • 1. 水分は経口による摂取を勧める。
  • 2. 注入時間に生活パターンを合わせる。
  • 3. 経口摂取中の体位は頸部前屈位とする。
  • 4. 胃瘻からの半固形化栄養剤の使用は禁止する。