2014年(第103回) 看護師国家試験 午前

<長文問題> 次の文を読み91〜93の問いに答えよ。Aさん(25歳、男性、飲食店店員)は、 2日前から感冒様症状があり、夜眠ろうとして横になるが息苦しくて眠れず、歩行や会話も困難となり、夜間に Aさんの家族に伴われて救急外来を受診した。 Aさんは地元の野球チームに所属し、休日には練習に参加しており、最近は残業が多く疲れていた。診察の結果、Aさんは気管支喘息発作 (bronchial asthma) と診断され、気管支拡張薬、副腎皮質ステロイドによる治療と、フェイスマスクによる酸素投与が行われたが、改善がみられず入院した。

問題91 : 入院後Aさんは呼吸困難が増悪し、発汗が著明であった。入院時の看護として最も適切なのはどれか。

  • 1. 全身清拭を行う。
  • 2. セミファウラー位とする。
  • 3. 鎮静薬の処方を医師に相談する。
  • 4. 口をすぼめてゆっくりと息を吐くように指導する。

<長文問題> 次の文を読み91〜93の問いに答えよ。Aさん(25歳、男性、飲食店店員)は、 2日前から感冒様症状があり、夜眠ろうとして横になるが息苦しくて眠れず、歩行や会話も困難となり、夜間に Aさんの家族に伴われて救急外来を受診した。 Aさんは地元の野球チームに所属し、休日には練習に参加しており、最近は残業が多く疲れていた。診察の結果、Aさんは気管支喘息発作 (bronchial asthma) と診断され、気管支拡張薬、副腎皮質ステロイドによる治療と、フェイスマスクによる酸素投与が行われたが、改善がみられず入院した。

問題92 : 入院後も呼吸困難や頻呼吸、呼吸性アシドーシスの改善が認められないため、鼻と口を覆うタイプのマスクを用いた非侵襲的陽圧換気を行うことになった。 Aさんへの説明で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「話すことができなくなります」
  • 2. 「機械に合わせて呼吸してください」
  • 3. 「自分でマスクの位置を調整しても問題ありません」
  • 4. 「空気の圧力がかかるので息が吐きにくくなります」

<長文問題> 次の文を読み91〜93の問いに答えよ。Aさん(25歳、男性、飲食店店員)は、 2日前から感冒様症状があり、夜眠ろうとして横になるが息苦しくて眠れず、歩行や会話も困難となり、夜間に Aさんの家族に伴われて救急外来を受診した。 Aさんは地元の野球チームに所属し、休日には練習に参加しており、最近は残業が多く疲れていた。診察の結果、Aさんは気管支喘息発作 (bronchial asthma) と診断され、気管支拡張薬、副腎皮質ステロイドによる治療と、フェイスマスクによる酸素投与が行われたが、改善がみられず入院した。

問題93 : 非侵襲的陽圧換気開始後、Aさんの呼吸状態は改善した。酸素投与も中止となり、歩行時の呼吸状態の悪化を認めないため、近日中に退院する予定である。退院時のAさんへの指導として最も適切なのはどれか。

  • 1. 「食事の制限はありません」
  • 2. 「お酒は飲んでも大丈夫です」
  • 3. 「野球はやめた方がよいでしょう」
  • 4. 「ストレスをためないようにしてください」

<長文問題> 次の文を読み94〜96の問いに答えよ。Aさん(56歳、女性、主婦)は、胆石症 (cholelithiasis) と診断され、腹腔鏡下胆嚢摘出術予定で入院 した。 Aさんは身長 152 cm、体重 70 kgである。Aさんは、数年前に脂質異常症 (dyslipidemia) を指摘されたが、治療は受けていない。Aさんにその他の特記すべき既往歴はない

問題94 : 看護師が手術オリエンテーションを行い、術後の入院期間は 5日程度であると説明した。これに対して Aさんは「 1年前に妹が同じ手術を受けたが、食事はしばらく食べられず 3週間以上管が抜けなかった。自分にも妹と同じ合併症が起こるかもしれない」と心配そうに話した。 Aさんが心配している、妹に起こった合併症はどれか。

  • 1. 肺 炎 (pneumonia)
  • 2. 胆汁瘻
  • 3. 皮下気腫
  • 4. 深部静脈血栓症 (deep vein thrombosis)

<長文問題> 次の文を読み94〜96の問いに答えよ。Aさん(56歳、女性、主婦)は、胆石症 (cholelithiasis) と診断され、腹腔鏡下胆嚢摘出術予定で入院 した。 Aさんは身長 152 cm、体重 70 kgである。Aさんは、数年前に脂質異常症 (dyslipidemia) を指摘されたが、治療は受けていない。Aさんにその他の特記すべき既往歴はない

問題95 : Aさんは、全身麻酔下で気腹法による腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた。手術中にAさんに最も生じやすいのはどれか。

  • 1. 褥 瘡
  • 2. 高体温
  • 3. 無気肺 (atelectasis)
  • 4. 脳梗塞 (cerebral infarction

<長文問題> 次の文を読み94〜96の問いに答えよ。Aさん(56歳、女性、主婦)は、胆石症 (cholelithiasis) と診断され、腹腔鏡下胆嚢摘出術予定で入院 した。 Aさんは身長 152 cm、体重 70 kgである。Aさんは、数年前に脂質異常症 (dyslipidemia) を指摘されたが、治療は受けていない。Aさんにその他の特記すべき既往歴はない

問題96 : Aさんの術後の経過は良好で、退院の許可が出た。退院後の日常生活に関する説明で正しいのはどれか。

  • 1. 「低蛋白食を摂取してください」
  • 2. 「退院後 1週間、シャワー浴はできません」
  • 3. 「脂肪分の多い食事で下痢をするかもしれません」
  • 4. 「傷口が赤く腫れてきたら、消毒をしてください」

<長文問題> 次の文を読み97〜99の問いに答えよ。Aさん(72歳、女性)は、 1人で暮らしている。Aさんは 1年前に夫を亡くした後、近所付き合いが少なくなっていた。遠方に住む Aさんの息子が時々電話で様子を確認していた。最近は元気がなく、 Aさんの息子が心配して様子を見に来たところ、食事を食べた様子がなく、ごみは捨てられていなかった。 Aさんは発熱してぐったりしており、息子に連れられて病院を受診した。 Aさんは脱水状態の治療と抑うつ状態の疑いのため検査が必要であると判断されて入院した。Aさんの既往歴に特記すべきことはない。

問題97 : Aさんは入院直後、Mini-Mental State Examination〈MMSE〉30点であった。さらに情報収集のために用いるアセスメント方法で適切なのはどれか。

  • 1. DBDスケール〈Dementia Behavior Disturbance Scale〉
  • 2. Hoehn-Yahr〈ホーエン・ヤール〉の重症度分類
  • 3. GDS〈Geriatric Depression Scale〉15
  • 4. Borg〈ボルグ〉スケール

<長文問題> 次の文を読み97〜99の問いに答えよ。Aさん(72歳、女性)は、 1人で暮らしている。Aさんは 1年前に夫を亡くした後、近所付き合いが少なくなっていた。遠方に住む Aさんの息子が時々電話で様子を確認していた。最近は元気がなく、 Aさんの息子が心配して様子を見に来たところ、食事を食べた様子がなく、ごみは捨てられていなかった。 Aさんは発熱してぐったりしており、息子に連れられて病院を受診した。 Aさんは脱水状態の治療と抑うつ状態の疑いのため検査が必要であると判断されて入院した。Aさんの既往歴に特記すべきことはない。

問題98 : 入院後 1週間、Aさんの脱水状態は改善したが臥床していることが多い。 Aさんは排泄時、手すりを使用してトイレまで歩行しているが、着脱動作が緩慢で失禁することが多い。 Aさんへの排泄援助として最も適切なのはどれか。

  • 1. オムツの着用を勧める。
  • 2. トイレに近い病室に変更する。
  • 3. 膀胱留置カテーテルの挿入を検討する。
  • 4. ポータブルトイレをベッドの横に設置する。

<長文問題> 次の文を読み97〜99の問いに答えよ。Aさん(72歳、女性)は、 1人で暮らしている。Aさんは 1年前に夫を亡くした後、近所付き合いが少なくなっていた。遠方に住む Aさんの息子が時々電話で様子を確認していた。最近は元気がなく、 Aさんの息子が心配して様子を見に来たところ、食事を食べた様子がなく、ごみは捨てられていなかった。 Aさんは発熱してぐったりしており、息子に連れられて病院を受診した。 Aさんは脱水状態の治療と抑うつ状態の疑いのため検査が必要であると判断されて入院した。Aさんの既往歴に特記すべきことはない。

問題99 : 入院後 1か月、Aさんは内服治療により病棟内での活動範囲が拡大し、自立してできることが増えた。自宅へ退院することが方針として決まったが、 Aさんは「家に帰っても 1人だし、大丈夫かしら」と看護師に話す。このときの Aさんへの声かけで適切なのはどれか。

  • 1. 「薬の量を増やしてもらえるように主治医に相談してみましょう」
  • 2. 「 1人でできることが多くなったからもう大丈夫ですね」
  • 3. 「心配なことについてゆっくりお聞きしますよ」
  • 4. 「お疲れのようなのでベッドで休みましょう」

<長文問題> 次の文を読み100〜102の問いに答えよ。Aさん(85歳、男性)は、 5年前に脳梗塞 (cerebral infarction) を発症し右片麻痺があり、要介護 3の認定 を受けた。Aさんの子どもは遠方に住んでおり、腰痛のある Aさんの妻(80歳)が 1 人で介護している。Aさんは、週 2日通所介護を利用している。

問題100 : Aさんの妻は「夜中にオムツを替えるために毎日起こされ、腹が立ちます」と通所 介護の送り迎えを担当している看護師に訴えた。 最初に Aさんの妻へ話しかける言葉で適切なのはどれか。

  • 1. 「主治医に相談しましょう」
  • 2. 「これまで通り頑張りましょう」
  • 3. 「夜眠れないと本当に大変ですね」
  • 4. 「Aさんはもっとつらいと思いますよ」

<長文問題> 次の文を読み100〜102の問いに答えよ。Aさん(85歳、男性)は、 5年前に脳梗塞 (cerebral infarction) を発症し右片麻痺があり、要介護 3の認定 を受けた。Aさんの子どもは遠方に住んでおり、腰痛のある Aさんの妻(80歳)が 1 人で介護している。Aさんは、週 2日通所介護を利用している。

問題101 : Aさんに優先されるサービスはどれか。

  • 1. 訪問入浴介護
  • 2. 夜間対応型訪問介護
  • 3. 特定施設入居者生活介護
  • 4. 認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム

<長文問題> 次の文を読み100〜102の問いに答えよ。Aさん(85歳、男性)は、 5年前に脳梗塞 (cerebral infarction) を発症し右片麻痺があり、要介護 3の認定 を受けた。Aさんの子どもは遠方に住んでおり、腰痛のある Aさんの妻(80歳)が 1 人で介護している。Aさんは、週 2日通所介護を利用している。

問題102 : 3年後、Aさんは誤嚥性肺炎 (aspiration pneumonia) で入退院を数回繰り返したことから ADLが低下し、 要介護 5になった。そのため、Aさんの妻の腰痛が悪化し、Aさんは介護老人福祉施設に入所した。入所後 1か月が経過し、Aさんは発熱、傾眠傾向が続いている。 Aさんの妻は医師から死期が近いと説明を受け動揺した。 Aさんの妻は「自宅で看取ることができず、夫に悪いと思っています」と施設の看護師に話した。 Aさんの妻への声かけで最も適切なのはどれか。

  • 1. 「あなたがしっかりしましょう」
  • 2. 「自宅で看取るようにしましょう」
  • 3. 「長い間、十分介護をしてきましたよ」
  • 4. 「私たちが看取りますので大丈夫ですよ」

<長文問題> 次の文を読み103〜105の問いに答えよ。Aちゃん( 1歳 0か月、女児)は、つかまり立ちをしようとしてテーブルの上に手をかけたところ、熱い味噌汁の入ったお椀(わん) をひっくり返して前胸部と右前腕に熱傷 (burn) を負 ったため母親とともに救急外来を受診した。来院時、 Aちゃんは、体温 36.8℃、呼吸数 36/分、心拍数 120/分、血圧 90/60 mmHgであり、機嫌が悪く泣いている。

問題103 : Aちゃんの前胸部と右前腕には発赤と一部に水疱がみられ、看護師が創部に軽く触れると激しく泣いた。 Aちゃんの熱傷 (burn) の受傷深度として考えられるのはどれか。

  • 1. I 度
  • 2. 浅達性II度
  • 3. 深達性II度
  • 4. III度

<長文問題> 次の文を読み103〜105の問いに答えよ。Aちゃん( 1歳 0か月、女児)は、つかまり立ちをしようとしてテーブルの上に手をかけたところ、熱い味噌汁の入ったお椀(わん) をひっくり返して前胸部と右前腕に熱傷 (burn) を負 ったため母親とともに救急外来を受診した。来院時、 Aちゃんは、体温 36.8℃、呼吸数 36/分、心拍数 120/分、血圧 90/60 mmHgであり、機嫌が悪く泣いている。

問題104 : Aちゃんは、創部の処置と経過観察のため入院した。処置室で点滴静脈内注射と創部の処置を医師 1人と看護師 2人で行うことになった。看護師が Aちゃんの母親に同席するよう促すと「かわいそうで見ていられるか不安です」と話した。母親のつらさを受け止めた後の対応で適切なのはどれか。

  • 1. 「Aちゃんがかわいそうですよ」
  • 2. 「Aちゃんはもっとつらいですよ」
  • 3. 「Aちゃんが頑張る姿を見届けるべきですよ」
  • 4. 「Aちゃんにとってお母さんが支えになりますよ」

<長文問題> 次の文を読み103〜105の問いに答えよ。Aちゃん( 1歳 0か月、女児)は、つかまり立ちをしようとしてテーブルの上に手をかけたところ、熱い味噌汁の入ったお椀(わん) をひっくり返して前胸部と右前腕に熱傷 (burn) を負 ったため母親とともに救急外来を受診した。来院時、 Aちゃんは、体温 36.8℃、呼吸数 36/分、心拍数 120/分、血圧 90/60 mmHgであり、機嫌が悪く泣いている。

問題105 : Aちゃんの創部は治癒傾向にあり、退院して外来で処置を継続することになった。 Aちゃんの母親は「子どもに痛い思いをさせてしまいました。私が気を付けないと いけませんね」と話している。 家庭内での事故予防について、Aちゃんの母親に指導する内容として優先度が高 いのはどれか。

  • 1. 調理の工夫
  • 2. 重症事故事例の提示
  • 3. 1歳児の行動の特徴
  • 4. Aちゃんへの説明の方法