2014年(第103回) 看護師国家試験 午前

<長文問題> 次の文を読み106〜108の問いに答えよ。Aちゃんは、在胎37週0日に正常分娩で体重3,200 gで出生した。AちゃんのApgar〈アプガー〉スコアは 1分後 9点、 5分後 10点であった。出生時は、体温 37.1℃、呼吸数 42/分、心拍数 154/分であり、頭部に産瘤があった。 Aちゃんの両親の血液型は B型 Rh(+)である。

問題106 : 生後 1日。Aちゃんは、体重 3,100 g、体温 37.0℃、呼吸数 38/分、心拍数 142/ 分で、皮膚に黄染はみられない。 Aちゃんは看護師の手指が手掌に触れると握り締めた。オムツ交換時には、暗緑色の便が少量みられた。 Aちゃんの状態として考えられるのはどれか。2つ選べ。

  • 1. 早産児である。
  • 2. 頻脈がみられる。
  • 3. 移行便がみられる。
  • 4. 把握反射がみられる。
  • 5. 生理的体重減少の範囲である。

<長文問題> 次の文を読み106〜108の問いに答えよ。Aちゃんは、在胎37週0日に正常分娩で体重3,200 gで出生した。AちゃんのApgar〈アプガー〉スコアは 1分後 9点、 5分後 10点であった。出生時は、体温 37.1℃、呼吸数 42/分、心拍数 154/分であり、頭部に産瘤があった。 Aちゃんの両親の血液型は B型 Rh(+)である。

問題107 : 生後 3日。Aちゃんは母乳をよく飲み、体重 3,050 g、体温 37.2℃、呼吸数 34/分、心拍数 136/分である。昨日は排尿 6回、排便 4回であった。 Aちゃんの母親は、A ちゃんの顔の黄染を心配している。 Aちゃんの血液検査データは血清総ビリルビン 13 mg/dlである。 Aちゃんの母親への説明で適切なのはどれか。

  • 1. 「生理的な黄疸です」
  • 2. 「早発性の黄疸です」
  • 3. 「光線療法を受けると思います」
  • 4. 「頭のこぶで黄疸が強くなります」

<長文問題> 次の文を読み106〜108の問いに答えよ。Aちゃんは、在胎37週0日に正常分娩で体重3,200 gで出生した。AちゃんのApgar〈アプガー〉スコアは 1分後 9点、 5分後 10点であった。出生時は、体温 37.1℃、呼吸数 42/分、心拍数 154/分であり、頭部に産瘤があった。 Aちゃんの両親の血液型は B型 Rh(+)である。

問題108 : 生後 5日、午前 9時に沐浴が行われた。Aちゃんは、体重 3,210 g、体温 36.9℃、呼吸数 36/分、心拍数 138/分である。昨日は排尿 7回、排便 5回であった。眼脂は認めない。午前 11時に母児ともに退院予定である。退院前の Aちゃんへの処置で優先度が高いのはどれか。

  • 1. 殿部の清拭
  • 2. 哺乳量の測定
  • 3. 抗菌薬の点眼
  • 4. ビタミン K2シロップの与薬

<長文問題> 次の文を読み109〜111の問いに答えよ。Aさん(25歳、初産婦)は、妊娠 40週0日に3,600 gの女児を正常分娩した。出血量は 250 ml、持続した出血はない。分娩後、 Aさんは児を見て「かわいい」と言い、授乳している。乳管口の開口数は左右 1本ずつである。分娩 2時間後、子宮底の位置は臍下 1横指で、硬度は良好であった。

問題109 : 産褥 1日。Aさんは「トイレに行ったら、小さい血の塊が 1個出ました」と訴えた。看護師が観察すると、 Aさんは、体温 36.5℃、脈拍 60/分であった。子宮底の位置は臍上 1横指で、硬さは昨日より軟らかくなっていた。乳管口の開口数は左右 2本ずつである。このときの Aさんへの対応で優先度が高いのはどれか。

  • 1. 人工乳を勧める。
  • 2. 腹部の温罨法をする。
  • 3. ベッド上の安静を勧める。
  • 4. 子宮底の輪状マッサージをする。

<長文問題> 次の文を読み109〜111の問いに答えよ。Aさん(25歳、初産婦)は、妊娠 40週0日に3,600 gの女児を正常分娩した。出血量は 250 ml、持続した出血はない。分娩後、 Aさんは児を見て「かわいい」と言い、授乳している。乳管口の開口数は左右 1本ずつである。分娩 2時間後、子宮底の位置は臍下 1横指で、硬度は良好であった。

問題110 : 産褥 3日。Aさんの体調は回復してきているが「急にお乳全体が張ってきて痛い」と言う。看護師が観察すると Aさんは体温 37.0℃、脈拍 70/分であった。授乳前は両乳房が腫脹し、乳管口の開口数は左右 4本ずつあり、移行乳がみられた。授乳後は両乳房の腫脹が軽減した。 Aさんの状態として考えられるのはどれか。

  • 1. 乳腺炎
  • 2. 産褥熱 (puerperal fever)
  • 3. 乳房緊満
  • 4. 乳管閉塞

<長文問題> 次の文を読み109〜111の問いに答えよ。Aさん(25歳、初産婦)は、妊娠 40週0日に3,600 gの女児を正常分娩した。出血量は 250 ml、持続した出血はない。分娩後、 Aさんは児を見て「かわいい」と言い、授乳している。乳管口の開口数は左右 1本ずつである。分娩 2時間後、子宮底の位置は臍下 1横指で、硬度は良好であった。

問題111 : 産褥 5日。母児ともに経過は順調で、本日、退院予定である。Aさんの乳汁分泌は良好で自律授乳をしており、1回の授乳時間は 15分である。児は 3,690 g、昨日は排尿 8回、排便 4回であった。Aさんは「家に帰っても、このまま母乳で育てたい」と言う。このときの看護師の Aさんへの説明で正しいのはどれか。

  • 1. 1日 6回の授乳にする。
  • 2. 昼間は乳房に冷湿布をする。
  • 3. 蛋白質を多く含む食品を摂る。
  • 4. 児の排尿は 1日 1回あればよい。

<長文問題> 次の文を読み112〜114の問いに答えよ。Aさん(35歳、女性)は、右肋骨の骨折で 2日前に整形外科病棟に入院した。上半身に多数の内出血のあとがあり、受け持ち看護師が Aさんに話を聞いた。Aさんは、夫は機嫌が悪いと暴力を振るい、時には投げ飛ばすこともあり、今回も夫に殴られて骨折したと話した。Aさんは、毎日面会に来る夫に非常におびえており「今話したことは夫には絶対に言わないでほしい。骨折の処置だけしてください」と言う。 Aさんは専業主婦で夫と 2人で暮らしており、近くに親類や知り合いはいない。

問題112 : 受け持ち看護師の対応で適切なのはどれか。

  • 1. 夫にも事情を確認する。
  • 2. 夫の暴力について今後は話題にしない。
  • 3. Aさんから夫に暴力をやめるように伝えることを勧める。
  • 4. 病院から警察に通報する必要があることを Aさんに伝える。

<長文問題> 次の文を読み112〜114の問いに答えよ。Aさん(35歳、女性)は、右肋骨の骨折で 2日前に整形外科病棟に入院した。上半身に多数の内出血のあとがあり、受け持ち看護師が Aさんに話を聞いた。Aさんは、夫は機嫌が悪いと暴力を振るい、時には投げ飛ばすこともあり、今回も夫に殴られて骨折したと話した。Aさんは、毎日面会に来る夫に非常におびえており「今話したことは夫には絶対に言わないでほしい。骨折の処置だけしてください」と言う。 Aさんは専業主婦で夫と 2人で暮らしており、近くに親類や知り合いはいない。

問題113 : Aさんには、不眠や急におびえたように震え出す様子がみられた。鎮痛薬を増量したが、骨折による痛みは全く軽減していない。睡眠薬も開始したが、不眠も改善していない。受け持ち看護師はどのように対応したらよいか分からず、リエゾン精神看護を専門とする看護師に相談した。リエゾン精神看護を専門とする看護師の介入として適切なのはどれか。

  • 1. Aさんと夫が話し合う場を設定する。
  • 2. 精神科病棟への転棟を看護師長に指示する。
  • 3. リラクセーション法による介入を受け持ち看護師と計画する。
  • 4. 睡眠薬の増量を主治医と相談するよう受け持ち看護師に伝える。

<長文問題> 次の文を読み112〜114の問いに答えよ。Aさん(35歳、女性)は、右肋骨の骨折で 2日前に整形外科病棟に入院した。上半身に多数の内出血のあとがあり、受け持ち看護師が Aさんに話を聞いた。Aさんは、夫は機嫌が悪いと暴力を振るい、時には投げ飛ばすこともあり、今回も夫に殴られて骨折したと話した。Aさんは、毎日面会に来る夫に非常におびえており「今話したことは夫には絶対に言わないでほしい。骨折の処置だけしてください」と言う。 Aさんは専業主婦で夫と 2人で暮らしており、近くに親類や知り合いはいない。

問題114 : Aさんの今後の治療に向けて、病院内でチームを編成することになった。チームに組み入れる専門職で優先度が高いのはどれか。

  • 1. 栄養士
  • 2. 理学療法士
  • 3. 作業療法士
  • 4. 心理専門職

<長文問題> 次の文を読み115〜117の問いに答えよ。Aさん(58歳、男性)は、 3年前に直腸癌 (rectal cancer) と診断され、手術を受けてストーマを造設 した。その後Aさんは直腸癌 (rectal cancer) を再発し、治療を行ったが効果がなく、腹部の癌性疼痛 を訴えたため、疼痛をコントロールする目的で入院していた。 Aさんは「自宅で療養したい。痛みは取り除いてほしいが、延命治療は望まない」と在宅療養を希望した。現在、Aさんはオキシコドン塩酸塩を 1日 2回内服し、食事は食べたいものを少量ずつ食べているが、摂取量が減少している。 Aさんの家族は 56歳の妻と他県で仕事をしている長女である。

問題115 : Aさんは退院後、訪問診療と訪問看護を利用することになった。訪問看護師が、Aさんと家族に説明する内容で適切なのはどれか。

  • 1. 「お風呂に入るのはやめましょう」
  • 2. 「自宅ではベッド上で安静にしてください」
  • 3. 「ストーマのパウチの交換をお手伝いします」
  • 4. 「ストーマがあるので副作用の便秘は心配ありません」

<長文問題> 次の文を読み115〜117の問いに答えよ。Aさん(58歳、男性)は、 3年前に直腸癌 (rectal cancer) と診断され、手術を受けてストーマを造設 した。その後Aさんは直腸癌 (rectal cancer) を再発し、治療を行ったが効果がなく、腹部の癌性疼痛 を訴えたため、疼痛をコントロールする目的で入院していた。 Aさんは「自宅で療養したい。痛みは取り除いてほしいが、延命治療は望まない」と在宅療養を希望した。現在、Aさんはオキシコドン塩酸塩を 1日 2回内服し、食事は食べたいものを少量ずつ食べているが、摂取量が減少している。 Aさんの家族は 56歳の妻と他県で仕事をしている長女である。

問題116 : 退院後、Aさんは痛みが強くなってきた。医師はオキシコドン塩酸塩を増量したが、Aさんは眠気が強くなり「薬を飲みたくない」と訴えた。そのため、フェンタニル貼付剤に切り替え、レスキューとしてモルヒネ塩酸塩が処方された。訪問看護師による Aさんの家族への指導で適切なのはどれか。

  • 1. 保管用の金庫を準備する。
  • 2. フェンタニル貼付剤は痛みのある部位に貼る。
  • 3. フェンタニル貼付剤は痛みが出始めたら交換する。
  • 4. 残ったオキシコドン塩酸塩は医療機関に返却する。

<長文問題> 次の文を読み115〜117の問いに答えよ。Aさん(58歳、男性)は、 3年前に直腸癌 (rectal cancer) と診断され、手術を受けてストーマを造設 した。その後Aさんは直腸癌 (rectal cancer) を再発し、治療を行ったが効果がなく、腹部の癌性疼痛 を訴えたため、疼痛をコントロールする目的で入院していた。 Aさんは「自宅で療養したい。痛みは取り除いてほしいが、延命治療は望まない」と在宅療養を希望した。現在、Aさんはオキシコドン塩酸塩を 1日 2回内服し、食事は食べたいものを少量ずつ食べているが、摂取量が減少している。 Aさんの家族は 56歳の妻と他県で仕事をしている長女である。

問題117 : Aさんの傾眠傾向が強まり、時々無呼吸がみられるようになった。Aさんは食事や水分の摂取量は少ないが、疼痛を訴えることはない。 Aさんの妻は「できればこのまま自宅でみていきたい」と話している。 Aさんを自宅で看取るための訪問看護師の対応として適切なのはどれか。

  • 1. 高カロリー輸液の開始を医師と相談する。
  • 2. 24時間の継続した観察を Aさんの家族へ指導する。
  • 3. 仕事を辞めて介護を行うように Aさんの長女を説得する。
  • 4. 今後起こりうる身体症状の変化を Aさんの家族へ説明する。

<長文問題> 次の文を読み118〜120の問いに答えよ。Aさん(65歳、男性)は、大動脈弁狭窄症 (aortic stenosis) で大動脈弁置換術が実施された。術後 2日、 Aさんは集中治療室に入室中である。Aさんは中心静脈ライン、心嚢・縦隔ドレーン、胸腔ドレーン、動脈ライン、 3本の末梢静脈ライン、膀胱留置カテーテルが挿入されている。Aさんの意識は清明で、呼吸状態、循環動態は安定しているが、挿入されているライン類を気にする様子がみられる。

問題118 : ライン類の抜去事故を予防するための看護師の対応として最も適切なのはどれか。

  • 1. ラインを挿入している上肢をシーネで固定する。
  • 2. 抜去できるラインはないか医師に相談する。
  • 3. 1時間毎に Aさんの状態を観察する。
  • 4. 鎮静薬を使用する。

<長文問題> 次の文を読み118〜120の問いに答えよ。Aさん(65歳、男性)は、大動脈弁狭窄症 (aortic stenosis) で大動脈弁置換術が実施された。術後 2日、 Aさんは集中治療室に入室中である。Aさんは中心静脈ライン、心嚢・縦隔ドレーン、胸腔ドレーン、動脈ライン、 3本の末梢静脈ライン、膀胱留置カテーテルが挿入されている。Aさんの意識は清明で、呼吸状態、循環動態は安定しているが、挿入されているライン類を気にする様子がみられる。

問題119 : 術後 3日。Aさんは、術後のバイタルサインも安定しているため、一般病室に転室となった。現在は末梢静脈ラインと胸腔ドレーンが挿入されている。 Aさんのドレーン管理について正しいのはどれか。

  • 1. ドレーンバッグは挿入部より高い位置で保持する。
  • 2. 体位変換時は胸腔ドレーンをクランプする。
  • 3. 持続的に陰圧となっているか観察する。
  • 4. ドレーンのミルキングは禁忌である。

<長文問題> 次の文を読み118〜120の問いに答えよ。Aさん(65歳、男性)は、大動脈弁狭窄症 (aortic stenosis) で大動脈弁置換術が実施された。術後 2日、 Aさんは集中治療室に入室中である。Aさんは中心静脈ライン、心嚢・縦隔ドレーン、胸腔ドレーン、動脈ライン、 3本の末梢静脈ライン、膀胱留置カテーテルが挿入されている。Aさんの意識は清明で、呼吸状態、循環動態は安定しているが、挿入されているライン類を気にする様子がみられる。

問題120 : 転室後も Aさんの状態は安定しており、歩行を開始することになった。安全管理対策として適切なのはどれか。

  • 1. 胸腔ドレーン挿入中は病室内歩行とする。
  • 2. 胸腔ドレーン挿入中に歩行する時は看護師を呼ぶように伝える。
  • 3. 末梢静脈ライン挿入中は看護師が同伴して歩行する。
  • 4. 不整脈が出現しても気分不快がなければ歩行を継続する。