2014年(第103回) 看護師国家試験 午後

問題16 : 医療機関における麻薬の取り扱いについて正しいのはどれか。

  • 1. 麻薬と毒薬は一緒に保管する。
  • 2. 麻薬注射液は複数の患者に分割して用いる。
  • 3. 使用して残った麻薬注射液は病棟で廃棄する。
  • 4. 麻薬注射液の使用後のアンプルは麻薬管理責任者に返却する。

問題17 : 主観的情報はどれか。

  • 1. 呼吸数
  • 2. 飲水量
  • 3. 苦悶様の顔貌
  • 4. 息苦しさの訴え

問題18 : 右片麻痺患者の寝衣交換で適切なのはどれか。

  • 1. 左から脱がせ、右から着せる。
  • 2. 左から脱がせ、左から着せる。
  • 3. 右から脱がせ、左から着せる。
  • 4. 右から脱がせ、右から着せる。

問題19 : 転倒・転落するリスクの高い薬はどれか。

  • 1. 去痰薬
  • 2. 降圧薬
  • 3. 抗菌薬
  • 4. 消化酵素薬

問題20 : 鎖骨下静脈へ中心静脈カテーテルを挿入する際に起こりやすい合併症はどれか。

  • 1. 肺炎 (pneumonia)
  • 2. 気胸 (pneumothorax)
  • 3. 嗄声
  • 4. 無気肺 (atelectasis)

問題21 : 点滴静脈内注射の血管外漏出で注意すべき初期症状はどれか。

  • 1. 疼痛
  • 2. 水疱
  • 3. 潰瘍
  • 4. 皮膚壊死

問題22 : 湿性罨法はどれか。

  • 1. 氷枕
  • 2. 冷パップ
  • 3. 湯たんぽ
  • 4. 電気あんか

問題23 : 気管内吸引の時間が長いと低下しやすいのはどれか。

  • 1. 血圧
  • 2. 体温
  • 3. 血糖
  • 4. 動脈血酸素飽和度〈SaO2〉

問題24 : 思春期に特徴的にみられるのはどれか。

  • 1. 愛着行動
  • 2. 分離不安
  • 3. 自己同一性の確立
  • 4. 基本的信頼関係の確立

問題25 : 平成 22年 ( 2010年 )の国民健康・栄養調査において、運動習慣のある女性の割合が最も高いのはどれか。

  • 1. 20〜29歳
  • 2. 30〜39歳
  • 3. 40〜49歳
  • 4. 50〜59歳
  • 5. 60〜69歳

問題26 : 食道について正しいのはどれか。

  • 1. 厚く強い外膜で覆われる。
  • 2. 粘膜は重層扁平上皮である。
  • 3. 胸部では心臓の腹側を通る。
  • 4. 成人では全長約 50 cmである。

問題27 : 遺伝子について正しいのはどれか。

  • 1. DNAは体細胞分裂の前に複製される。
  • 2. DNAは 1本のポリヌクレオチド鎖である。
  • 3. DNAの遺伝子情報から mRNAが作られることを翻訳という。
  • 4. RNAの塩基配列に基づきアミノ酸がつながることを転写という。

問題28 : 活動電位について正しいのはどれか

  • 1. 脱分極が閾値(いきち) 以上に達すると発生する。
  • 2. 細胞内が一過性に負〈マイナス〉の逆転電位となる。
  • 3. 脱分極期には細胞膜のカリウム透過性が高くなる。
  • 4. 有髄神経では Purkinje〈プルキンエ〉細胞間隙を跳躍伝導する。

問題29 : 脳神経とその機能の組合せで正しいのはどれか。

  • 1. 顔面神経 顔の感覚
  • 2. 舌下神経 舌の運動
  • 3. 動眼神経 眼球の外転
  • 4. 三叉神経 額のしわ寄せ

問題30 : 白血球について正しいのはどれか。

  • 1. 酸素を運搬する。
  • 2. 貪食作用がある。
  • 3. 骨髄で破壊される。
  • 4. 血液 1μl中に 10万〜 20万個含まれる。