2015年(第104回) 看護師国家試験 午前

<長文問題> 次の文を読み 91〜93 の問いに答えよ。A さん(54 歳、男性)は、10 年前に心筋梗塞 (myocardial infarction) を発症し、 2 年前に慢性心不全 (chronic heart failure) と診断され外来受診を続けてきた。 1 週前からトイレ歩行時に息苦しさがあり、 4 日前から夜に咳と痰とがみられ眠れなくなっていた。本日、A さんは定期受診のため来院し、心不全 (heart failure) の増悪と診断され入院した。入院時、体温 36.3 ℃、呼吸数 24/分、脈拍 96/分、整で、血圧 124/72 mmHg であった。心エコー検査で左室の駆出率 28 %であった。体重は 1 週間で 4 kg 増加し下肢の浮腫がみられる。

問題91 : このときの A さんのアセスメントで適切なのはどれか。

  • 1. ショック状態の可能性が高い。
  • 2. 左心不全 (left heart failure) の症状はみられない。
  • 3. NYHA 心機能分類のⅠ度に該当する。
  • 4. 浮腫は右心不全 (right heart failure) の症状によると考えられる。

<長文問題> 次の文を読み 91〜93 の問いに答えよ。A さん(54 歳、男性)は、10 年前に心筋梗塞 (myocardial infarction) を発症し、 2 年前に慢性心不全 (chronic heart failure) と診断され外来受診を続けてきた。 1 週前からトイレ歩行時に息苦しさがあり、 4 日前から夜に咳と痰とがみられ眠れなくなっていた。本日、A さんは定期受診のため来院し、心不全 (heart failure) の増悪と診断され入院した。入院時、体温 36.3 ℃、呼吸数 24/分、脈拍 96/分、整で、血圧 124/72 mmHg であった。心エコー検査で左室の駆出率 28 %であった。体重は 1 週間で 4 kg 増加し下肢の浮腫がみられる。

問題92 : A さんの咳嗽を軽減する方法で最も適切なのはどれか。

  • 1. 起坐位を保つ。
  • 2. 腹式呼吸を促す。
  • 3. 部屋の湿度を 30 %に保つ。
  • 4. 超音波ネブライザーを使用する。

<長文問題> 次の文を読み 91〜93 の問いに答えよ。A さん(54 歳、男性)は、10 年前に心筋梗塞 (myocardial infarction) を発症し、 2 年前に慢性心不全 (chronic heart failure) と診断され外来受診を続けてきた。 1 週前からトイレ歩行時に息苦しさがあり、 4 日前から夜に咳と痰とがみられ眠れなくなっていた。本日、A さんは定期受診のため来院し、心不全 (heart failure) の増悪と診断され入院した。入院時、体温 36.3 ℃、呼吸数 24/分、脈拍 96/分、整で、血圧 124/72 mmHg であった。心エコー検査で左室の駆出率 28 %であった。体重は 1 週間で 4 kg 増加し下肢の浮腫がみられる。

問題93 : 入院治療により A さんの症状は改善し、 2 日後に退院予定である。退院後の受診についての説明で最も適切なのはどれか。

  • 1. 「夜間の咳で受診する必要はありません」
  • 2. 「体温が 38.0 ℃以下なら受診の必要はありません」
  • 3. 「今回のように体重が増加したときは受診してください」
  • 4. 「仕事から帰って足に浮腫がみられたら受診してください」

<長文問題> 次の文を読み 94〜96 の問いに答えよ。A さん(52 歳、男性)は、 5 年前に健康診断で高血圧を指摘されていたが、そのままにしていた。 5 年ぶりに健康診断を受けたところ尿蛋白+で、内科を受診し腎機能障害を指摘された。A さんは、身長 160 cm、体重 56 kg であり、体温 36.1 ℃、呼吸数18/分、脈拍 64/分、整で、血圧 166/96 mmHg であった。血液検査データは、Hb9.3 g/dL、アルブミン 3.6 g/dL、クレアチニン 2.3 mg/dL、HbA1c 5.6 %、K 3.9mEq/L、推算糸球体濾過量〈eGFR〉25 mL/分/1.73 m2 であり、特に自覚症状はなく、浮腫はみられない。

問題94 : 腎機能の悪化によるものと考えられるデータはどれか

  • 1. 体 重
  • 2. 血清カリウム値
  • 3. ヘモグロビン値
  • 4. 血清アルブミン値

<長文問題> 次の文を読み 94〜96 の問いに答えよ。A さん(52 歳、男性)は、 5 年前に健康診断で高血圧を指摘されていたが、そのままにしていた。 5 年ぶりに健康診断を受けたところ尿蛋白+で、内科を受診し腎機能障害を指摘された。A さんは、身長 160 cm、体重 56 kg であり、体温 36.1 ℃、呼吸数18/分、脈拍 64/分、整で、血圧 166/96 mmHg であった。血液検査データは、Hb9.3 g/dL、アルブミン 3.6 g/dL、クレアチニン 2.3 mg/dL、HbA1c 5.6 %、K 3.9mEq/L、推算糸球体濾過量〈eGFR〉25 mL/分/1.73 m2 であり、特に自覚症状はなく、浮腫はみられない。

問題95 : A さんは、慢性腎臓病 (chronic kidney disease) ステージ 4 と診断され、精査目的で入院した。「特に症状がないのに腎臓が悪いと言われて本当に驚いたよ。高血圧が関係していると医師に言われたけれど、どういうことですか」と A さんが看護師に尋ねた。A さんへの説明で適切なのはどれか。

  • 1. 「高血圧で尿が少なくなり腎臓を悪くします」
  • 2. 「高血圧が続くと腎臓の濾過機能が低下します」
  • 3. 「高血圧では腎臓病の症状が現れにくくなります」
  • 4. 「腎臓の機能がさらに低下すると血圧は低くなります」

<長文問題> 次の文を読み 94〜96 の問いに答えよ。A さん(52 歳、男性)は、 5 年前に健康診断で高血圧を指摘されていたが、そのままにしていた。 5 年ぶりに健康診断を受けたところ尿蛋白+で、内科を受診し腎機能障害を指摘された。A さんは、身長 160 cm、体重 56 kg であり、体温 36.1 ℃、呼吸数18/分、脈拍 64/分、整で、血圧 166/96 mmHg であった。血液検査データは、Hb9.3 g/dL、アルブミン 3.6 g/dL、クレアチニン 2.3 mg/dL、HbA1c 5.6 %、K 3.9mEq/L、推算糸球体濾過量〈eGFR〉25 mL/分/1.73 m2 であり、特に自覚症状はなく、浮腫はみられない。

問題96 : 現時点で A さんに起こる危険性が高いのはどれか。

  • 1. 低リン血症
  • 2. 血糖値の上昇
  • 3. 虚血性心疾患 (ischemic heart disease)
  • 4. 甲状腺機能亢進症 (hyperthyroidism)

<長文問題> 次の文を読み 97〜99 の問いに答えよ。A さん(72 歳、男性)は、アパートの 1 階に 1 人で暮らしている。家族や親戚はいない。15 年前から心不全 (heart failure) のために利尿薬を毎朝内服している。半年前に要支援 2 の認定を受け、介護予防通所介護を週に 2 回利用している。早朝、A さんは玄関の外で座り込んでいるところを近所の人に発見され救急搬送された。来院時、体温37.4 ℃、呼吸数 20/分、脈拍 98/分、血圧 100/70 mmHg であった。血液検査と尿検査の結果、脱水症と診断された。

問題97 : A さんは看護師に「頭がふわふわして歩けない。めいもする。昨日の夜から気持ちが悪くなり、朝までに 2 、 3 回吐いた。体に力が入らない」と話した。A さんの脱水症について追加で情報収集すべき内容で最も適切なのはどれか。

  • 1. 昨日の経口摂取量
  • 2. 排尿の自立状況
  • 3. 生活活動強度
  • 4. 睡眠の状況

<長文問題> 次の文を読み 97〜99 の問いに答えよ。A さん(72 歳、男性)は、アパートの 1 階に 1 人で暮らしている。家族や親戚はいない。15 年前から心不全 (heart failure) のために利尿薬を毎朝内服している。半年前に要支援 2 の認定を受け、介護予防通所介護を週に 2 回利用している。早朝、A さんは玄関の外で座り込んでいるところを近所の人に発見され救急搬送された。来院時、体温37.4 ℃、呼吸数 20/分、脈拍 98/分、血圧 100/70 mmHg であった。血液検査と尿検査の結果、脱水症と診断された。

問題98 : 外来で点滴静脈内注射が開始され、入院した。夕方から A さんの表情に落ち着きがない様子や看護師の説明を聞かない様子がみられた。夜間から朝までぶつぶつと独り言を話していた。A さんの看護で最も適切なのはどれか。

  • 1. 夜間の病室内の照明を消す。
  • 2. 日中に車椅子での散歩を介助する。
  • 3. A さんに点滴を抜かないように説明する。
  • 4. 夜間は睡眠導入薬の処方を医師に依頼する。

<長文問題> 次の文を読み 97〜99 の問いに答えよ。A さん(72 歳、男性)は、アパートの 1 階に 1 人で暮らしている。家族や親戚はいない。15 年前から心不全 (heart failure) のために利尿薬を毎朝内服している。半年前に要支援 2 の認定を受け、介護予防通所介護を週に 2 回利用している。早朝、A さんは玄関の外で座り込んでいるところを近所の人に発見され救急搬送された。来院時、体温37.4 ℃、呼吸数 20/分、脈拍 98/分、血圧 100/70 mmHg であった。血液検査と尿検査の結果、脱水症と診断された。

問題99 : 入院後 5 日。A さんの症状は改善し、明日退院する予定である。床頭台の隅に利尿薬が残っていたため看護師が質問すると、A さんは「看護師さんから薬をもらうとすぐ飲んでいるよ」と話した。また、自分の病室を間違えることが数回あった。A さんが在宅療養を継続するために、看護師が介護支援専門員へ伝える情報として優先度が高いのはどれか。

  • 1. 生活リズム
  • 2. 食事の摂取量
  • 3. 服薬管理の状況
  • 4. 脱水症の治療内容

<長文問題> 次の文を読み 100〜102 の問いに答えよ。A さん(90 歳、女性)は、Alzheimer〈アルツハイマー〉病 (Alzheimer disease) で、重度の認知機能の低下がある。要介護 4 で、短期入所〈ショートステイ〉や通所介護を利用している。長年、長男夫婦が自宅で介護している。

問題100 : 現在の A さんの Alzheimer〈アルツハイマー〉病 (Alzheimer disease) の状態で最も適切なのはどれか

  • 1. 視線を動かすことができる。
  • 2. 車椅子を操作することができる。
  • 3. 季節に合わせて服を選ぶことができる。
  • 4. Mini-Mental State Examination〈MMSE〉20 点である。

<長文問題> 次の文を読み 100〜102 の問いに答えよ。A さん(90 歳、女性)は、Alzheimer〈アルツハイマー〉病 (Alzheimer disease) で、重度の認知機能の低下がある。要介護 4 で、短期入所〈ショートステイ〉や通所介護を利用している。長年、長男夫婦が自宅で介護している。

問題101 : A さんは、誤嚥性肺炎 (aspiration pneumonia) のために入退院を繰り返している。今回の入院で主治医はA さんの家族に胃瘻の造設を含めた今後の方針を説明した。A さんの長男は胃瘻の造設を希望せず、主に介護を行ってきた長男の妻は「私には決められない」と迷っている。A さんの長男の妻に対する看護師の対応として最も適切なのはどれか。

  • 1. 「あなたが A さんの立場ならどうしますか」
  • 2. 「介護支援専門員の考えを聞いてみましょう」
  • 3. 「私の経験から胃瘻を造らないことを勧めます」
  • 4. 「A さんはこのような状況になったとき、どうしたいと言っていましたか」

<長文問題> 次の文を読み 100〜102 の問いに答えよ。A さん(90 歳、女性)は、Alzheimer〈アルツハイマー〉病 (Alzheimer disease) で、重度の認知機能の低下がある。要介護 4 で、短期入所〈ショートステイ〉や通所介護を利用している。長年、長男夫婦が自宅で介護している。

問題102 : その後、A さんは誤嚥性肺炎 (aspiration pneumonia) の症状が軽快し、胃瘻を造設せずに退院する予定である。家族は自宅での介護を考えていたが、長男の妻が脳出血 (cerebral hemorrhage) で入院したため、Aさんの退院先の再検討を行うことになった。A さんの退院先として最も適切なのはどれか。

  • 1. 軽費老人ホーム
  • 2. 介護老人福祉施設
  • 3. 回復期リハビリテーション病棟
  • 4. 認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

<長文問題> 次の文を読み 103〜105 の問いに答えよ。A ちゃん( 3 歳、男児)は、斜視 (strabismus) の手術のために母親とともに歩いて入院した。入院期間は 3 日の予定である。 3 週前に外来で医師と看護師が A ちゃんに手術と入院とについて説明した。入院時、A ちゃんはやや緊張した表情をしているが「眼の手術をしに来たの。病院に 2 つ泊まるんだよ」と看護師に話した。

問題103 : A ちゃんの眼の状態を図に示す。A ちゃんの斜視 (strabismus) はどれか

問題103の画像
  • 1. 右内斜視 (right convergent strabismus)
  • 2. 右外斜視 (right divergent strabismus)
  • 3. 左内斜視 (left convergent strabismus)
  • 4. 左外斜視 (left divergent strabismus)

<長文問題> 次の文を読み 103〜105 の問いに答えよ。A ちゃん( 3 歳、男児)は、斜視 (strabismus) の手術のために母親とともに歩いて入院した。入院期間は 3 日の予定である。 3 週前に外来で医師と看護師が A ちゃんに手術と入院とについて説明した。入院時、A ちゃんはやや緊張した表情をしているが「眼の手術をしに来たの。病院に 2 つ泊まるんだよ」と看護師に話した。

問題104 : 手術当日の朝、A ちゃんは麻酔の前投薬としてミダゾラムとアトロピンを経口で服用した。両親が早朝から面会に来て A ちゃんのそばに付き添っている。Aちゃんは少し興奮気味で、両親に「おなかがすいた。のどが渇いた」と話しかけている。30 分後に手術室に入室する予定である。手術室に入室するまでの A ちゃんへの対応で適切なのはどれか。

  • 1. 水を飲ませる。
  • 2. 前投薬の追加を医師に相談する。
  • 3. ベッド上で絵本を読み聞かせる。
  • 4. 両親と一緒にプレイルームで遊ばせる。

<長文問題> 次の文を読み 103〜105 の問いに答えよ。A ちゃん( 3 歳、男児)は、斜視 (strabismus) の手術のために母親とともに歩いて入院した。入院期間は 3 日の予定である。 3 週前に外来で医師と看護師が A ちゃんに手術と入院とについて説明した。入院時、A ちゃんはやや緊張した表情をしているが「眼の手術をしに来たの。病院に 2 つ泊まるんだよ」と看護師に話した。

問題105 : A ちゃんの手術は無事終了した。翌日、A ちゃんは眼のガーゼと眼帯が外され、抗菌薬の点眼が始まり、退院が決まった。A ちゃんは眼を触らないように両上肢に肘関節抑制帯をつけている。母親は「手術が無事に終わってほっとしました」と話した。母親に対する退院後の留意点の説明で正しいのはどれか。 2 つ選べ。

  • 1. 「家でも点眼を続けてください」
  • 2. 「家に帰ったら洗顔してもよいです」
  • 3. 「眼脂が続いたら受診してください」
  • 4. 「物が二重に見えることがあります」
  • 5. 「家に帰ったら肘関節の固定は必要ありません」