看護師国家試験の合格率 ボーダーライン
看護師国家試験の合格率 ボーダーライン

■過去20年分の合格率とボーダーラインは?(データベース)


はじめに

ここに過去の看護師国家試験の合格率とボーダーラインをまとめておきました。新しい医療制度の導入の時期や時流の変化と照らし合わせて、ご参考になればと思います。
また過去問を自分で解いてみて、採点後にその年の結果と照らし合わせてみるのも有効かと思います。そこで「あっ、この年に受験していたら合格していた!」といった感触を掴んでおけば、本番の国家試験でもリラックス出来るでしょう。過去三年分は合格水準に立ってから本番試験に挑戦する事をお勧めします。

【第106回(2017年)ボーダーライン】
第14回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/50点 142点以上(57.3%)/248点
受験者数 合格者数 合格率
62,534人 55,437人 88.5%
【第105回(2016年)ボーダーライン】
第13回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/49点 151点以上(61.1%)/247点
受験者数 合格者数 合格率
62,154人 55,414人 89.4%
【第104回(2015年)ボーダーライン】
第12回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/50点 159点以上(64.1%)/248点
受験者数 合格者数 合格率
60,947人 54,871人 90.0%
【第103回(2014年)ボーダーライン】
第11回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/50点 167点以上(66.8%)/270点
受験者数 合格者数 合格率
58,725人 53,495人 89.6%
【第102回(2013年)ボーダーライン】
第10回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/50点 160点以上(64%)/250点
受験者数 合格者数 合格率
56,530人 50,224人 88.8%
【第101回(2012年)ボーダーライン】
第9回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/50点 157点以上(63.5%)/247点
受験者数 合格者数 合格率
53,702人 48,400人 90.1%
【第100回(2011年)ボーダーライン】
第8回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/50点 163点以上(65.2%)/250点
受験者数 合格者数 合格率
54,138人 49,688人 91.8%
【第99回(2010年)ボーダーライン】
第7回必修問題 一般問題・状況設定問題
40点以上/50点 151点以上(60%)/250点
受験者数 合格者数 合格率
52,883人 47,340人 89.5%
【第98回(2009年)ボーダーライン】
第6回必修問題 一般問題・状況設定問題
24点以上/30点 174点以上(64%)/270点
受験者数 合格者数 合格率
50,906人 45,784人 89.9%
【第97回(2008年)ボーダーライン】
第5回必修問題 一般問題・状況設定問題
24点以上/30点 180点以上(67%)/270点
受験者数 合格者数 合格率
51,313人 46,342人 90.3%
【第96回(2007年)ボーダーライン】
第4回必修問題 一般問題・状況設定問題
24点以上/30点 194点以上(72%)/269点
受験者数 合格者数 合格率
50,766人 46,000人 90.6%
【第95回(2006年)ボーダーライン】
第3回必修問題 一般問題・状況設定問題
23点以上/29点 176点以上(65%)/269点
受験者数 合格者数 合格率
48,914人 43,211人 88.3%
【第94回(2005年)ボーダーライン】
第2回必修問題 一般問題・状況設定問題
24点以上/30点 165点以上(61%)/269点
受験者数 合格者数 合格率
48,299人 44,137人 91.4%
【第93回(2004年)ボーダーライン】
第1回必修問題 一般問題・状況設定問題
24点以上/30点 162点以上(60%)/270点
受験者数 合格者数 合格率
49,204人 44,874人 91.2%

――落としたら即アウトのプレッシャー! 必修問題制度の登場――

医療技術の発達と変化によって、看護師に求められる技術と知識も大きく変わってゆく事になります。そしてこの第93回(2004年)の看護師国家試験から初めて必修問題制度が導入されました。一般・状況設定問題とは別に80パーセントの正解率がなければ、いくら他の問題で点数を稼いでいようが不合格になるゾーンです。いわば看護師にとって絶対に必要な知識を問われる問題です。ここが出来ていなければ即アウト……。当時の受験者はこの必修問題の登場によって右往左往させられたはずです。
必修問題の対策集は市販の参考書でもあります。看護学校や予備校でも念入りに教えてもらえるような内容ですので、絶対に落とさないようにしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

【第92回(2003年)ボーダーライン】
一般問題・状況設定問題
162点以上(60%)/270点
受験者数 合格者数 合格率
53,680人 49,714人 92.6%
【第91回(2002年)ボーダーライン】
一般問題・状況設定問題
137点以上(53%)/261点
受験者数 合格者数 合格率
53,187人 44,820人 84.3%

・補足・

第90回(2001年)以前は厚生労働省がボーダーラインを発表していなかったため、「受験者数」「合格者数」「合格率」のみのデータとなっています。

【第90回(2001年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
48,332人 40,625人 84.1%
【第89回(2000年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
48,568人 46,817人 96.4%
【第88回(1999年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
55,404人 53,821人 97.1%
【第87回(1998年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
53,052人 44,364人 83.6%
【第86回(1997年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
49,774人 43,317人 87.0%
【第85回(1996年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
45,600人 40,927人 89.8%
【第84回(1995年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
42,532人 40,822人 96.0%
【第83回(1994年)ボーダーライン】
受験者数 合格者数 合格率
40,445人 40,004人 98.9%

さいごに

いかがでしたか。合格率そのものは毎年90パーセント前後でそれほど大きな変動はありませんね。しかし2000年代に入ってから受験者数が一気に増え、最新の2017年の試験では受験者数が60000名を超えています。これは1994年より20000名も多い人数になっていますね。いくら受験者数が増えようとも合格率は90パーセントのまま変わらないのです。
このように看護師の需要は年々高まっているのです。医療の発達とともに、看護師の人数そのものだけでなく、個々の知識と技術の高さも重要視されるようになってきました。そのために2004年から必修問題が取り入れられたのです。
今後も合格率は変化しないかと思われますが、医療技術と医療のありかたの変化によって問題傾向は徐々に変化すると予測できます。

医療WORKER 看護学生就職サポート

看護師さん専門の就職サポート


医療WORKERは長年の看護師さんの就職・転職支援の経験を活かし、 看護学生さんの初めての就職活動を
すべて無料でサポートしています。

就活サポート

  • 職場選びに役立つ情報
  • 就活の基本HOWTO就活
  • 無料相談 など

面接対策

  • 受かる履歴書の書き方
  • 面接マナー
  • 本番で困らない面接対策 など

すべて無料!就職サポートをご希望の方はコチラ

看護学生就職サポート